2012年04月

キャンプ! 西伊豆 雲見 4/28 ②Fan5duo

今回は現地で友人家族と合流しました
お楽しみの食事は、念願のFUN5の出番です 友人持参、絶賛の宮城県産つやひめを4合。

IMG_1874これは、ユニフレームFan5 duo!のセットです。

ライスクッカー(2~3合炊きですが、今回4合もOKでした)の他にフライパン、メッシュバスケット、ステンレス大鍋、ステンレス片手小鍋がコンパクトに収まっています。みんな頑丈で長く使えそう





IMG_1709米をといで、目盛りに水を合わせて強火にセット。










IMG_1710カタカタ音が鳴り出したら、弱火へ










IMG_1712音がしなくなったら、火を止め、5分間蓋を開けずに我慢蒸らすと、完成 (所要時間約20分)

いかにもharumao mamaが仕事したかのようですが、実は友人のご主人に炊いていただいちゃいました

おいしそうでしょ? 
とっても美味しかったです

友人papaから一言、Fan5の上蓋の重さがご飯が上手に炊ける理由だそうです

キャンプ! 西伊豆 雲見 4/28 ① さあ出発

今年初キャンプ 大人は4時半、こどもは6時起床。 6時10分出発で、雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場へ向かいました 家を出てからのいつもの難関の環八は平日と同じ程度30分で抜けることができました。
IMG_1660
しかし、すぐに渋滞にはまりました









IMG_1663
7時45分に海老名SAに到着。朝食は、上の娘は朝ラー(ラーメン)、下の娘はうどん、mamaコーヒーに名物メロンパン、papaはこどもの残りもの。





IMG_1668

いつものことながら、富士山が見えると毎回嬉しくなります





伊豆IMG_1670縦貫道路、これができて沼津市街を迂回できるようになりました。






IMG_1672途中、伊豆山地から流れ出る雲海が奇麗に見えました。








IMG_1676伊豆中央道(9時56分)を通るルートで向かいました。料金200円。papaは、迂回した方がよいとのことです。短期なpapa、何か怒っていました




IMG_167710時5分 修善寺道路。









IMG_1679休憩。牛乳500ミリリットル 900円 みんなで飲もう!と購入しました。









IMG_1696現地到着は、12時半。13時チェックインですが、30分早くサイトを押さえたので割り増し料金が10分100円で、300円かかりました。
前日から宿泊されていたのは2グループ(2サイト)、既に、6サイトが決まっていました!

さぁ、これから2泊3日のキャンプスタートです!

牛すじ煮込みの手打ちパスタ。

日曜日は朝から厨房入り、最終目標は牛すじトマト煮込みのパスタ。
IMG_1648
午前中は牛すじトマト煮込み。
牛すじ400g、玉ねぎ1個、人参半本、牛すじは一旦湯がき、灰汁をとり、冷水で洗う。
IMG_1621IMG_1622IMG_1623
圧力なべに、牛すじ、野菜、ワイン100cc、水100cc、コンソメブイヨン5g1個を投入し、加圧調理10分。その後トマト缶400gと砂糖小さじ1/2、塩少々、香辛料を加え、加圧調理20分。
IMG_1624IMG_1625IMG_1633
完成、味を確認。浮き出た脂はすくい取る。この脂、もったいないのでオリーブオイル、にんにく、唐辛子を加え煮込み、ピリ辛トマラーユ(トマトのラー油)を作った。ピリッと美味しいオイルです。
IMG_1634IMG_1636IMG_1640
午後は手打ちパスタ、いつものように卵の2倍の量のデュラムセモリナ、塩、オリーブオイル少々。いつもながらこんなので本当にまとまるのか心配になるが大丈夫。(手打ちパスタ詳しくはこちら
IMG_1637IMG_1638IMG_1644
子供にも手伝ってもらい3種のパスタを打った。
IMG_1645IMG_1646
合せて盛り付ければ完成。気が付けばお母さんは朝食用のパンを作っていた、このパンを食べるとスーパーの食パンは食べられなくなってしまう。
IMG_1649IMG_1653

今日は朝から夜まで食事の準備で過ごした。たまにはこんな一日も良い。。

食卓に緑。子供が折ってしまった庭先の木イチゴの枝、もうすぐ花を咲かせるところだった様子。つぼみがたくさん出ている。少しあわれな気持ち、花瓶にさし眺めてみた。

IMG_1630

PST800PEジグソーが壊れた!! あり得ない壊れ方

ジグソーが壊れた。ショックでかーっ。
Bosch PST800PE、見るも無残、フットプレートのダイキャストが真っ二つに割れてしまった。落としたわけではない。10mm径、0.5mm位のスチールパイプを切っていただけなのに・・・・。購入後1年半、保証期間も過ぎている・・・あ~あっ・・・。
IMG_1657

後日判ったこと、このような工具には保証期間が設定されていないとのこと、理由は使用状況により劣化度合いが変わるからとのこと。

その後、ジョイフル本田経由で修理に出していたジグソー、BOSCHのご厚意で無償修理して頂きました。多謝。
IMG_2163

和牛のステーキとサーモン・アボカド2品

和牛の肉、上品な肉を選びたいが財布は許してくれない。健康には堪えそうな脂が多い。ステーキの鉄則はこんがり、ゆっくり火を通す。この値段でこの脂の量では、しっかり火を通した方が美味しい。1.5cm厚の肉、片面2分、返して30秒、グリルで3分で良い感じ。
IMG_1594IMG_1597

サーモンとアボガド2品、サーモンとアボガドのケーキとアボガド・ナッツ。アボガド2/3をすりつぶしマヨネーズ大さじ1、バジル少々を混ぜ、ペーストの出来上がり。次にアボガド、サーモン、玉ねぎをさいの目に切る。(玉ねぎは塩で5分位〆、冷水で塩分を流し水気を切る)。クラッシュナッツとアボガド、サーモン、玉ねぎを混ぜ合わせ軽く塩で味付け。
IMG_1587IMG_1588
サーモンペーストを皿に盛り、薄く切ったキュウリで包む、その上に脱水したサーモンを並べる・・・上の右写真、クリームのようにアボガド・ペーストが眠っている。その横にナッツ等と合わせたサーモンアボカドを載せ完成
IMG_1589
今日のはアトランティックサーモンで脂がのっている、ピチットで2日も脱水したのでかなりしっとりしている。これで冷温スモークしたら美味しいスモークサーモン・・・になる・・・かな。




自家製アンチョビ作成中・捌きに技あり と砂肝

自家製アンチョビを作り始めた。未だ塩ずけ1日目、これから1カ月冷蔵庫でお休み。1日目でかぶる位の水分が出ている。
IMG_1586
背黒イワシを冷水で洗い、スプーンで捌く。包丁よりも、手開きよりも簡単で奇麗に、しかも超高速。エラ下から一気に身を削ぎ取る感じ。奇麗に骨と内臓を残し身だけ削ぎ取れる。
IMG_1575IMG_1576
今日は全部で22尾。スプーンで捌くと洗ってなくても結構奇麗(内臓で汚れない)。でももう一度捌いた身は冷水で洗い、水分をよーく切って置く。
IMG_1578IMG_1579
約30gの塩で漬けこんでいく(重量の10%強位かな)。ラップして冷蔵庫で保存。
IMG_1581IMG_1582
さて残った骨、また作ってしまった鰯の骨せんべい、軽く塩をふり小麦粉をからめ揚げる。ビールに最高。こんなの普通捨てるんだろうけど、旨い物は旨い。
IMG_1585

摘まみをもうひとつ。ホントは砂肝のコンフィの予定だったが、シンプルに焼いたほうが美味そう。砂肝は白い筋を処理するのが大変。包丁で切ってしまえば楽だが、もったいない。そこでこんな方法。筋の部分に少し切れ目を入れる。骨抜きで筋繊維をひきはがす。指でやるとかなり力が必要だが、骨抜きだと簡単じ。IMG_1570IMG_1571
あとは半分に切って、少し強めに塩、胡椒を振り、ガスグリルで3分半焼けば出来上がり。外はカリッと、中はジューシーに。(オーブントースターは火力が弱すぎる。)
IMG_1572IMG_1574
焼きすぎると固くなるが、上手く焼けると、これは良い摘まみ。焼鳥屋の砂肝が食べられなくなってしまう。

食材費
背黒イワシ 2パック(22尾) ¥196
砂肝 ¥116

その後のアンチョビ
2週間冷蔵庫で保管、2週間常温で熟成中、約一カ月がたった。
IMG_2051
香りはアンチョビな感じ。しかし味はまだまだ、半年位熟成が必要な感じ。ただのしょっぱい塩漬け魚。IMG_2055














夜桜見物♪ 武蔵野市役所前中央通り

4/10(火) 明日は雨だし、桜が散る前!っと、夜桜見物、武蔵野市役所中央通りへ家族みんなで出かけました こどもたちもmamaも滅多に夜は出かけないので、もう ウキウキ
IMG_1568
papa以外は夕食をすませて出かけたはずなのに、のマークを見ると何故か食べたくなるらしい。ポテトとチキンをほおばりながら歩きました。ここマックの桜も見事
IMG_1564
え?もっと食べるの?夕飯はお腹がいっぱいとかで残したよね?

IMG_1529

IMG_1538

IMG_1539

信号のライトでこんな色にも・・・
IMG_1559

IMG_1558
昔は寒い中、お酒飲んだなぁ。。。桜を見ながら宴会するなんて日本の文化だね~
歩道の隅で缶ビールをこっそり飲んでる熟年カップルもいました。

IMG_1560
この通りの桜は今日が丁度見頃だったのでしょう。一年ぶりに咲いた桜。また来年ね~!
IMG_1567
桜の花びらを沢山ひろって帰りました。








スズキの昆布締めと鱸ジュレ

スズキの昆布締めをオリーブオイルでいただく。
まずは普通にドライトマト、バジル、昆布(普通でない?)にオリーブオイル。
IMG_1516
昆布締めはスズキに軽く塩をふり、昆布で巻き冷蔵庫で一晩寝かす。鱸ジュレはスズキのだし汁(アラ煮)を濾してから冷蔵庫で一晩冷ますと出来上がり。
IMG_1514IMG_1522
2品目は昆布締めと鱸ジュレをカルパッチョ風に・・・。熱々ご飯にもあいそう、で3品目・・やってみた。
IMG_1517IMG_1520
これはGoodかも。鱸のジュレが融けて、冷製お茶ずけな感じ、一味と合わせると、アジアンテイスト?(3.5品目)、パクチーもあいそう。写真は食べかけで美しくないが、旨い。
IMG_1521
鱸を和風、洋風、アジア風で食す。昆布締めはやはり良いなー。すっかり御馳走様でした。





鱸を食べつくす

スズキを食べ尽くす。
スーパーに花見の総菜を買いに行ったら大きな(小)スズキが一尾、陳列されていた。これは買わねば・・・。早速、予約、三枚おろしをお願いした。
IMG_1508
約1Kgのスズキ、スープを取り、皮をむき、昆布締めにして準備。少し強めの塩でアラから出汁取り。
IMG_1504IMG_1506IMG_1505
出汁でスズキのリゾット、ジャスミンライスとバターとチーズで簡単。アラに付いた身もほぐし、チーズと一緒にスズキの丸いケーキ。昆布締めはカルパッチョ。皮は娘のおやつ。
IMG_1507IMG_1510
さすがにスズキ一尾は食べ応えがる。出汁もよく出て美味しかった。昆布締めの半身はまだ残っている、今晩の楽しみか・・・・。
・・・・別の話だが、千葉県産は少し心配かなー・・・鱸はfish eaterだからな・・・。






近所の公園でお花見、ボートにも乗った

今日は近所の善福寺公園で花見。
IMG_1437
今年もきれいに咲いています。去年は大事件で花見どころではなかったなー
IMG_1441IMG_1440
いい天気、アルパカも一緒
IMG_1433IMG_1436
もちろんワインも一緒。管理が悪くエチケットがカビている。でも久々のボトルワイン。
IMG_1426IMG_1417
ワインのお供も一緒。近くのサミットのお惣菜。チーズとゴマの何とか?明太フランセ?生ハムチーズ、写ってないけど筍がおいしかった。
IMG_1420IMG_1422IMG_1421
子供たちは双眼鏡に夢中。しかし悲劇が待っている・・・・。
IMG_1402
善福寺公園にはボートもあります。もちろん乗りました。
(ローボート:1時間600円、サイクルボート:30分600円)
IMG_1448IMG_1478
悪ガキんちょ二人には、ちょっとした冒険。双眼鏡・・・・逆じゃない?。この後、池ポチャしたよーです。トホホ・・・・
IMG_1501IMG_1498
満開とまでは行きませんが、花見には最高の一日。たくさんの人が来ています。
IMG_1461
最初は御苑に行こうかとも思ったけど、やはり近所で正解。桜は御苑や井の頭公園ほどじゃないけど人の数もちょうどいい感じ、疲れずに酔っ払えるのがちょうどいい。

春キャベツのアンチョビパスタとマグロのカルパッチョ

春らしいパスタ。キャベツとアンチョビのパスタとマグロのカルパッチョ
IMG_1196IMG_1194
キャベツは熱湯で30秒程さっと湯がく。ミニトマトを半分に切り、グリルで4分位焼く、皮がむけるので取り除いておく。フライパンにニンニク1片、唐辛子1片とオリーブオイル大さじ1・1/2(多め)を入れ弱火で香りを出す。アンチョビフィレ5枚位を加え、強火にしゆでたパスタを投入。キャベツ、ミニトマトも加え軽く混ぜ合わせれば出来上がり。簡単
IMG_1192
マグロのカルパッチョ。前日の残りマグロ、ピチット脱水し薄く切って野菜と合せた。少し脱水され過ぎ。塩で一晩くらいが良いかも。
IMG_1174IMG_1191
酒を飲んでいたら小腹がすいたので、パスタ追加。コンキリエ・ピッコレこのパスタはミネストローネやアサリなんかのスープに入れると美味しいのだが、時間も材料もない。ただ速くゆであがるので選んだ。
IMG_1206

材料費
全て冷蔵庫から






記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール

ちいさん