2012年05月

我が家の餃子で~す!

ももさんのリクエストもあり、レシピを簡単に載せることにしました

(餃子40個分)

IMG_2177白菜は1/4カットのものの葉先の方1/2よりやや少なめ
キャベツは1/2カットの1/3くらい
ニラは1束の1/2
タマネギ 1/4
豚挽肉 350~400グラム(あまり多く入れると豚臭くなるみたい)
餃子の皮はもモランボンの大判を使用(丈夫です!)
醤油 少々(練った具材の上を醤油指しで2周くらい。判ります?)
砂糖 少々(小さじ1杯くらい)





harumao papaに大胆だよね?と言われた写真。包丁を刺した状態で撮りました
一人でこの状態を撮るのは難しいんだってばこどもが生まれる前に長年やっていた居合道を思い出します
IMG_2179IMG_2180









IMG_2181全てだいたい同じ大きさのみじん切りにします。









IMG_2182肉、醤油、砂糖を加えてとにかく力を入れて練ります。
以前は手袋はめてやっていましたが、素手のほうがうまくいきます。
混ぜるというよりもこねる感じで力強くやってます
mamaの常在菌も入ってよいのかも?






IMG_2183みじん切りじゃない?ま、いいでしょう
人それぞれやり方はあると思いますが、具がなくならないようにボールの中の具は4等分して、皮10枚ごとの目安に。







我が家は直ぐに焼かずに冷蔵します。(夜食べるのに午前中に作るときが多いのですが、あまり時間をおくと、皮が破れやすくなるので要注意です)
IMG_2184
IMG_2185フライパンに油をうすくひいて(弱火)、餃子を並べ、餃子の底から2ミリくらいのところまで、水を入れて、蓋をして蒸します。









IMG_2186水がなくなってきたら、中火から強火にして、完全に水をとばします。









IMG_2187完成で~す
お酢の代わりにバルサミコ酢を使うのもお勧め。









3週目後半 さし餌終了

IMG_21992週目後半からさし餌の他に乾いた普通の餌を蒔いておくようにしたら、金曜日には普通の餌を食べるようになりました。

まだ、止まり木に慣れていないので、時々宙づりみたいになって、落ちることがありますが、飛べるようになりました。

家にきてから1週間

IMG_2161ようやっと毛が生えそろいました
まださし餌は続いています(2週目)







黄色のラブは飼い主が少々乱暴なのですが、人に馴れて自ら手にのってきます。水色のココは、恐がりさんです。
IMG_2145IMG_2147









IMG_2150この前までは性別が判りませんでしたが、調べた結果、どちらもメスであることが判りました!
鼻の穴の周りが白いのはメスなんだとか。
オスは大きくなると鼻が青くなり、メスは白っぽくなるらしい。





鳥かごを準備したものの、まだ入れられません

IMG_2162

いまさらですが ちゃんと環っかに見えた金環日食

金環日食、家族みんなでみました。mamaがカメラの北村で日食用眼鏡を買ってきてくれたので奇麗に見えました。中国製ですが、肝心のフィルムはドイツ製、流石です、くっきり明るく見えました。
写真は撮り忘れ・・・でもちっちゃい穴を通した光の影でみた日食写真はこの通り。
IMG_2167
かけている。ちゃんと見えるんだー・・・。
IMG_2174
ずいぶん進んできた。辺りも暗い感じ。
IMG_2176
おお~、金環だー。



隙間棚を作成 久方の日曜大工

子供部屋にPAXを置いたら、大きすぎて隙間ができてしまった。やはり作り込みの家具が良い・・・仕方ないので隙間にピッタリはまる棚を作った。170cm×38cm×60cm 4段 隙間とは言えないほどだが・・・PAXが巨大なのでやはり隙間なのだ。
IMG_2227
棚板も含め全て1×4で作った。凸凹させたくないので、拙いが組木のまねした。やっぱりヘタっぴだね。
IMG_2204IMG_2197
木ねじ穴も目立たぬように事前にドリルで穴あけ、ねじ打ちしたら木工パテで埋めるか、ダボ打ちして隠す。棚板は隠し釘で止めた。
IMG_2205IMG_2211

エクセレントでは無いが、まっいいかって感じで完成。
今回大変だったのは部屋の巾木、いつもながら邪魔、これを避けるために切り込みをいらなければならなかった。

豚肩ロースのぶどうソース

デラウエアが酸っぱくていまひとつ、そこで料理に使う。豚肩ロースに葡萄ソース。レシピはNHKみんなのきょうの料理から。
IMG_2216
豚ロースが美味しいが今日は肩ロース。1cm厚で筋切りした肉を叩いて延ばし5mm厚位にする、軽く塩コショウ。(下写真、左は子供用ヒレ肉)
IMG_2213
ニンニク2片、ショウガ(薄切り1枚を細く切って準備)をオリーブオイル大さじ2で炒め、豚肉を焼き色が付くまで焼き、一旦フライパンから取り出す。フライパンにはニンニクと豚の脂が残っているので、そのまま玉ネギを加え炒める。塩コショウで軽く味付けし、玉ねぎ、にんにくは皿に取りだす。
ぶどうソースを作る。
残ったフライパンの汁?に白ワイン大さじ1、赤ワイン大さじ1、バター10g、粒マスタード大さじ1、ぶどう(デラウエア)半房を加え炒めればソースは完成。(水分が足りなければ水を足す)
出来上がったブドウソースのフライパンに肉を戻し、ソースをからませれば完成。

盛り付けは炒めた玉ねぎを皿に敷き、その上に肉を盛り付け、ソースをかけた。
デラウエアの酸味と甘さがちょうどよくて思った以上に美味しい料理。と、下に敷いた玉ねぎとカリカリのニンニク
も良い感じ。塩分控えめにしたい方には良いかもね。

梅酒を漬ける カリカリ焼酎梅を目指す

梅酒を漬けるのか、作るのか、仕込むのか?
去年は原発騒ぎで作る気がしなかったが、今年は再開。目指すはカリカリの焼酎梅と美味しい梅焼酎

材料は
青梅・1Kg 大粒で真青なのが良い、黄色や赤が入っていない方が良い
ホワイトリカー 1.8リットル
氷砂糖 800g(漬け初め300g、その後500gを足す)
IMG_2217
梅は流水で洗い、ヘタを楊枝で取って置く。
IMG_2219IMG_2218
ビンは熱湯消毒し、冷ましておく。梅と氷砂糖をビンに詰め、ホワイトリカー1.8リットルを注げば仕込み完了。後は暗い所で半年以上(なにも気にしない場合)置けば完成。但し、カリカリ梅を目指すなら糖分が均一にまわるように時々瓶をゆすって混ぜてあげる。
IMG_2226

ここが要点。漬け初めは砂糖は300gで漬け、2ヶ月後、半年後にそれぞれ200g位づつ様子を見ながら足していく。こうしないと梅がしわしわになってしまう。パリパリの梅が好きなので、砂糖は徐々に濃くしていく。飲めるのは1年後。砂糖800gは少し甘め。1kgはかなり甘め。ただし梅酒は甘い方がうける。しかし、甘いとふにゃふにゃ梅になってしまう・・・・・加減が難しい。実家の母はそのあたり、プロ。どんな梅も自在に漬けこむ、さすが梅ババァ。また、たくさん焼酎梅が食べたいからといって焼酎に対し梅を多くすると酸っぱくなってしまう、好みだが加減必要。

梅酒は小学生のころから飲んでいた(いけないね)。グラスの1/5位の梅酒に冷水を注ぎ、砂糖を足して飲んでいた。夏はこれが最高に美味かったな・・・酔った覚えなないが、酔っていたのか?。思えば、家のは梅酒ではなく焼酎梅を作るものだったのだ。漬け瓶一杯に梅が入ってたな・・・白砂糖をかけた甘い焼酎梅をばーちゃんたちがお茶受けで食べてたな・・・。いつから梅酒が主になってきたのだろうか?

*2016追記
カリカリ梅を作るには、何はなくとも青くて硬い梅が良い、出始めの頃の青梅が向いている。黄色くなった梅は香りはとても良いがカリカリにはならない。また最近氷砂糖の総量は600gに抑えている。、最初は200gからスタート。

ホームメイドの一日 簡単スモークサーモンとなんちゃって豚ヒレのスモークハム

簡単、お手軽になんちゃってスモークサーモンと豚ヒレのコンフィをスモークしハム風にした。昨日の夜から仕込み開始(どこが簡単?)。でワインに合わせた前菜4品。とアオリイカとマッシュルームのバジルソース炒め。
IMG_2138
前日夜、刺身用アトランティックサーモンに多めの塩とハーブ(ローリエ、グローブ、セージ、コショウ等)を塗して冷蔵庫で寝かす(約8時間)出てきた水分に浸からないように割りばしを敷いて浮かせておいた。朝、水で塩、ハーブを洗い流し、水気を切り、ピチットで脱水、7時間
IMG_2106IMG_2107
その後mamaの作った朝食で一服。明太子とチーズのホットサンド。美味いね・・・これアンチョビっぽいから外人も食べれるか?な?
IMG_2109
同じく前夜に、サーモンと同じように塩漬しておいた豚ヒレ(但しこちらはZiplockで保管)をコンフィ。EXVオリーブオイルをZiplockに入れ空気を抜く。今回は63℃をターゲットで湯煎開始、59℃~67℃の間でコンロをon/offした。暖かくなってきたので温度は下がりにくくなってきたので手間が少なくなった。約80分加熱。その後Ziplockごと冷蔵庫で冷やす。
IMG_2110IMG_2111
なんちゃってスモークサーモン・・・勿論、冷燻。さてさてどーするか?。基本の段ボールスモーカーは変わらない(今回は六甲のおいしい水)。冷たい煙・・・日曜大工で余った材料を使い、段ボールスモーカーの横に煙をためる用にしてみた。・・・・結果、約15分燻煙、概ね予定通り冷めた状態で燻製できた。が箱(横の)の温度は40℃位になってしまう。もう少し長く引っ張れば冷めた煙だけ持ってこれるだろうか?勉強してみよう。それにしてもチープなスモーカー。
IMG_2124IMG_2126
豚ヒレはそのまま燻煙、約30分
IMG_2123
さてさて、出来栄えは・・・なんちゃってスモークサーモンは良い感じ。なんと上の子が初めて生魚?を美味しいと言って食べた。スモーク豚ヒレは下の子も美味しいと言ってバクバク食べた。嬉しい。
IMG_2130
晩酌用に盛り付け、アボガドペースト、自家製にこだわり、自家製アンチョビ、ルッコラも盛り付け・・・でもクラッカーは買い物だった・・・。
IMG_2137
さらにワインにあわせもう一品、昨年釣ったアオリイカの残りをマッシュルームとトマトと一緒にバジルソースで炒めた。
IMG_2139
なんの記念日でもないのだが・・・本日ISETANから届いたワインと一緒に、いただきます。
IMG_2142

本日の食材費
アトランティックサーモン ¥380
豚ヒレ(USポーク) ¥510
アボカド ¥98

その他冷蔵庫

アオリイカは美味い。去年釣った1.8Kの残り。肉厚で甘い身は最高。先日荻窪の魚屋で一杯¥4,000で売っていた、見た目2kg弱。・・・また釣りに行かねば。



自家製アンチョビ2 丸ごと使って漬けこみ、捨てるところ無

背黒イワシが安い。アンチョビを作れとの啓示か?
前回のアンチョビは未だ熟成中。しかし、いまひとつ塩イワシな感じ。今回は丸ごと全部位を漬けることにした。先ずは冷水で汚れを落とす。
IMG_2098IMG_2099
スプーンで身を削ぎ取る。今回は頭、骨、内臓も一緒に漬けるのでボールに取って置く。けっこう新鮮。軽く塩を振ってつまみ食い・・・・美味い。これ、甘酢で浅く〆れば美味しそう(次回)。さすがに800gは多い、なかにはマイワシも混じっていた。それにしても少しグロすぎまいか?。
IMG_2101IMG_2102
ここから少し変わってる。ネットで誰かが別々に塩漬と書いていたような・・・でその意見に賛成。アラ(頭、内臓他)とフィレ(身)を分けて漬けこむ。先ず下側に塩約80gを混ぜたアラをネットに入れて敷く。その上にフィレを1枚ずつ並べて塩漬していく。フィレ側には約100gの塩を使った。
IMG_2103IMG_2104
一晩冷蔵庫で寝かし、水が出て全体が浸っている事を確認し、暗いところで常温保管(床下収納に置いた)。これで3カ月位待つ予定。
IMG_2108

イワシを捌いていると金子みすずが出てきた・・・・大切に頂きます、合掌。骨せんべいも良かったのだが今回は丸ごと漬けるにこだわってみた。

6月26日
我家のアンチョビの様子伺いをした。美味い。アンチョビの味になっている。身だけとは全然違う。自家製ドライトマト、自家栽培バジルと合わせ美味しく頂いた。もうすぐオリーブオイルと一緒に瓶詰めしよう。
IMG_2403IMG_2407



カサゴのアクアパッツァとホタテと春キャベツのパスタ 母の日の一品 親孝行フルーツサイダーゼリー付き

カサゴのアクアパッツァとホタテとキャベツのパスタに娘特製のフルーツサイダーゼリー。昨日は和風、今日は母の日なので少しこ洒落てみた。

カサゴのアクアパッツァ、にんにくと唐辛子をオリーブオイルで炒め、香りが出たら、玉ねぎ1/4とマッシュルーム4個をさっと炒める。透き通ってきたらカサゴを投入、ワイン150ccを加え、落とし蓋をして目が白くなるまで煮込む。概ね火が入ったら、サフランひと摘み(6本位)、アサリ100g、ミニトマト数個(丸のまま)、EXVオリーブオイルを加え、ひと煮立ちで完成(オイルを乳化させる為、強火でさっと行う)。
IMG_2088

もう一品、ホタテと春キャベツのパスタ。
ニンニク、鷹の爪(1本の半分、種なし)を大さじ2のオリーブオイルで炒める。パスタの茹で汁は塩分濃度2%(今回はオイルがメインなので少し濃いめ)キャベツは適当に切ってパスタのゆで汁でさっと湯通し。刺身用ホタテをバーナーで炙ったのち半分に切って待機。ゆであがったパスタ、キャベツ、ホタテ、ミニトマトをフライパンの中でさっと炒め、Exvオリーブを回しかければ完成。(基本の味付けは茹で汁だけだが、足りないと感じたら塩で調整)
IMG_2083
今日特別なのでボトルワインも追加。ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ 2000、あたりまえだけど、やっぱりBOXとは違うね色も、香りも・・・上品で熟成されたスムースなワイン。
IMG_2084

本日、忘れてはいけないデザート、上の娘が作りました。サイダーゼリー、作り方はジュエルペットの本の通り。シュワシュワのゼリーとフルーツがベストマッチでなかなか大人な一品でした。
IMG_2090
ジュエルペットもやるねー・・・。シュワシュワの泡は閉じ込められた炭酸。これから夏に向かっても美味しそうな一品。
IMG_2096




我が家のセキセイインコ

こどもにペットをねだられること約2年。 犬、猫、ハムスター、モルモット、ウサギ。。。
小学校でいろいろあって、落ち込んでいる長女を元気づけるには動物
ここ2週間くらい考えました 

・・・で、我が家にやってきたのはこのセキセイインコ
IMG_2064
4月下旬に生まれたばかりのヒナです
セキセイインコは10年生きるらしく、飼い主が頑張れば言葉も覚えるそうなので、娘達にがんばってもらうことにしました。

ころころ変わってやっと落ち着いた名前。
左が長女のココちゃん、右が次女のラブちゃん




餌はあわ玉とカルシウム他栄養補強のものを合わせて3時間おきに1日4回、40度くらいのお湯で溶いてスプーンであげます。室温は30度くらいがベストだそうで、去年カブトムシを飼っていた容器におがくずを敷いて、使い捨てカイロを底にあててみてます。
IMG_2059

IMG_2057










IMG_2062

とても仲良しみたい。
むすめたちが怖くて怯えてるのかなぁ?






IMG_2094
ラブちゃん、こっち向いて食~べて!

おいおい やさしくね







黒ソイの煮付け たまには純和風

黒ソイの煮付け
サミットストアで立派な黒ソイが1尾、珍しい・・・しかもお手頃、誰も買わないのか??。アクアパッツァでワインも良いか・・・とアサリも準備して。が・・これ甘く煮たらビールに合いそう、そこで急遽変更、純和風煮付け。
IMG_2075
立派な黒ソイ、約1kg、鱗、内臓をとり、熱湯80℃~90℃位で残った鱗、血や汚れを洗い流す。(直接熱湯はかけない)
IMG_2067IMG_2068
大きすぎて鍋に収まらない。仕方なく頭を切落として鍋に投入。ショウガのスライス3枚、水150cc、酒150ccで水から煮ていく、落とし蓋(落とし蓋が無い時はアルミホイルで十分)をして、目が白くなる位まで、約10分位煮込む。魚の骨から出汁を取るつもりで行う。次に砂糖・大さじ4、みりん50ccを加え、更に煮込む。
IMG_2069
煮汁が1/3位になったら、しょうゆ80ccを加え、落とし蓋をしたまま5分程度煮込む、煮詰まってきたら煮汁を魚に廻しかけながら、煮汁にてかりがでるまで煮込むIMG_2072
完成、純和風・・・・谷中ショウガと一緒に(こっちは味噌付けて。)
ところで砂糖大さじ4はかなり甘そうだが、ここでけちると酒の肴には薄味すぎる。また辻調によると魚の煮漬けの要点は、一旦煮汁に魚の旨味を出してから、煮詰めて戻す考え方との事。・・・大変美味しゅうございました。
IMG_2076


アクアパッツァのつもりで買ってきたアサリはこうなった。だし汁でおじやも作った(写真なし)
IMG_2077

和風つながりで味噌汁。味噌汁完成の直前にショウガをほんの少し加えると劇的に味が変わる。とても上品な味に仕上がる。
IMG_2070

食材費
黒ソイ 800g ¥680
アサリ 130g ¥250
谷中ショウガ ¥158











ローストビーフとハマグリのリゾット 富津のハマグリ&アサリ③

今日は連休最終日。少し豪華にしてみた。潮干狩りのアサリも蛤もたくさん残っているので3日連続で貝料理。真ん中はハマグリのリゾット、左下はアボガドペースト。右はローストビーフ(コンフィ)
IMG_2048

ロースとビーフは今回はコンフィにしてみた。先ずは全体に焼き色が付くまで炒める
IMG_2043
Ziplockにオリーブオイルと一緒に詰め込む。設定温度は68℃。結果はいまひとつ、普通にロースにした方が美味しいと思った。色は良いのだが・・・・。
IMG_2045IMG_2044
蛤リゾットは、80mlの白ワインで蒸し、身をとりわける。蛤だし汁に水80mlを追加し、ご飯0.7合を投入。蛤の身、バター8g、パルメザン8gを加え混ぜれば完成。こちらはやはり上品、何度食べても美味い。
ちゃんとしたハマグリリゾットはこちら
IMG_2046


遡ること6時間前、やはりアサリ料理、またもボンゴレ・ビアンコ。アサリがいっぱい。これはオリーブオイルを使わず、バターで炒めた。他は一緒。何度食べても飽きないうまさかな・・・??
IMG_2041

あさりはまだまだ残っている。まだ1kgありそう。
IMG_2040


今回のハマグリのリゾット、米は炊いたご飯を使った。とにかく楽ちんで美味い。おじやと言ってしまえばそれまでだが、芯は無くとも味は外れない。次回の潮干狩りではアサリより蛤を探そう。たとえ撒かれた中国産だとしても・・・・。





アサリとハマグリのリゾット 富津のアサリ&ハマグリ②

潮干狩りのアサリ、まだまだいっぱいあるぞ。
今度はリゾット。でも簡易版、理由は米から炊けるほどの出汁を取るのがめんどくさい。
IMG_2039

作り方
①白ワイン80mlでアサリ200g~300gを蒸しにする。
②殻が開いたらアサリを取り出し、身だけを取り分ける。
③①の鍋に水80ml(大凡)を加え、ご飯(冷凍御飯も可(解凍はする))を投入、出汁をなじませる
④③に鍋に②の身とバター10g弱、パルメザン5g~10gを混ぜ合せれば完成。

翌日、一緒に富津海岸で取ってきたハマグリを酒蒸した。汁がもったいないので、急遽、ハマグリリゾットを作った。作り方はアサリと一緒・・・だが今回は身は食べてしまったので無。
IMG_2033
これが美味いのなんの・・・やっぱりアサリより蛤は上品においしい。プレーンのリゾットがいけている。
ちゃんとしたハマグリのリゾットはこちら



ボンゴレビアンコにワサビ菜を添えて 富津のアサリ①

富津の潮干狩りのアサリはどーやって食べましょう。
まずは定番のボンゴレ・ビアンコ
IMG_1962
作り方はいたって簡単、オリーブオイルでにんにく、唐辛子を炒め、アサリと白ワイン又は酒を80mlを投入。殻が開いたらパスタ(固め)を入れ汁けがなくなるまで強火で炒める。最後にオリーブオイルを回しかける。今回はさらに一ひねり。ワサビ菜を合せた。

ワサビ菜の下処理は流水で洗い、5cm位に切ってざるに入れる
IMG_1957
その上から熱湯をかける。決してゆでてはいけない。
IMG_1958
お湯を全体に回しかけたらZiplockに入れて、冷蔵庫に保存。
IMG_1960
1,2時間もするとワサビの香りが立ってくる。一晩おくとワサビのつんとくる辛さがさらに際立つ。しかし、今回のワサビ菜、いまひとつ、毎年実家から送ってくるものとは違い、いまひとつツンとこない。ところでワサビ菜ではなく、葉ワサビ、花ワサビと呼ばれれるらしい・・・・まっ、写真の野菜です。

おまけの一品
ジャガイモにバター、アンチョビ(鳥のうんこ見たいだが)をのせてグリル。ベーコンも添えた。
IMG_1963








アクアラインの帰りは羽田国際線ターミナル

潮干狩りの帰り道、海ほたるには寄らずに羽田国際線ターミナルへ
IMG_2007
海ほたるは1.2キロ以上並んでました。1時間並ぶ気力はなし。
子供たちに海ほたるのクレーンゲームをねだられないためにも良い選択?行き先変更、羽田空港の施設が変わってから行くのは初めて


IMG_2014羽田空港第一ターミナル。旅客より見学ツアー客のほうが沢山いたような。。。 到着ロビーではないから? ・・・・昼は乗降客は少ないらしい。羽田の利点、朝夜に集中するらしい。






IMG_2028チェックインカウンターもガラガラ。殆ど人がいません








IMG_2020
危険ゾーンへ







IMG_2021やっぱり買うことになってしまったおもちゃ










IMG_2022あいにくの雨、天気が良ければ外で離発着する飛行機が見れる。










IMG_2030
はとバスで団体さんの見学。

見学客で稼ぐつもりか・・・







IMG_2024和の感じ。いいねー

食事は高め、驚きは¥1400のフレンチトースト、卵が違うのか?EDOに来た舶来品だから?・・・誰が食べるのか?








IMG_2011
新しくて、トイレもとてもきれい。外国人には受けるかね?








駐車場は有料ですが、他の施設に比べれば格安です。海ほたるに飽きたら、空港見学も良いかも。


富津海岸へ潮干狩り 

2012年5月4日 富津海岸潮干狩り。
4日の天気は微妙、都内は雨ザーザー、予報は外した様子。千葉南部は曇りのち晴れ曇り。行くべきか悩んだ末、駄目もとで6:10出発。渋滞覚悟で出かけたがやはり湾岸線は浮島ジャンクションから3kmの渋滞。迂回して羽田線、大師で降りてK6ルートを選択。これは大正解、7時前に海ほたるでトイレ休憩、食糧買い込み、なんだかんだで8時前に富津公園到着。最初は潮干狩り会場の駐車場に入ったが、遠~くの駐車場に案内されたので途中離脱、富津公園の駐車場に入った。ガラガラだし、潮干狩り会場入口まで近くてこれも正解。
IMG_1964
セブンイレブンで買った朝食を済ませ、いざ潮干狩りへ出発、時刻は8:40頃、ちょうど下げいっぱい干潮の時間

IMG_1965
だがしかし、信じられない光景・・・・入場券を買うの長蛇の3列、なんと券売窓口が3つしか開いていない。皆様じっと我慢。この書入れ時にどーゆこと?
IMG_1968IMG_1972
皆様、高速の渋滞を抜け、さらに混雑する遠方の駐車場からやってきたのに、また並ぶのかい・・・・。前列の方は遠くの駐車場から来た様子、そこには臨時券売窓口があったとの事、何故開けないのか、少しお怒り気味の様子・・・。と思ったら9時過ぎ、なんと臨時券売窓口が一つだけ開いた。・・・・職員の方が9時出勤なのだろうか?怒りが・・・??(私は怒ってないよ、近くの駐車場だし・・・前の人・・・)
IMG_1975
それにしても良い天気、都内の雨ザーザーがうそのよう。来てよかった。雲の向こうはきっと・・・。
IMG_1973
9時40頃分過ぎようやく入場券を買うことができた。大人2・子供1(未就学は無料・1kg権利無)で¥4000。高いのか?安いのか?。・・・結果は安かったと思う。
IMG_1976
いよいよ海岸へ突撃、お~人がいっぱい。もう帰る人もいるぞ~。こんなに人人人でまだアサリはいるのだろうか?
IMG_1978
しかし、この海岸の貝類(アサリ、ハマグリ他)の量は半端ではない様子。こんなに人がいても取れる取れる。きっと今朝、漁協の方がいっぱい撒いてくれたのだろう。ごっそりと取れる。下の子とmamaを残し、いざ沖へ、大物を掘りに出かけた。人が群がっている水際を抜け、数十mほど沖に出ると人もまばらになる。空いているスペースを目指す。
IMG_1987
上の子はかなり本気モード。大人用の熊手でガシガシ、胸まで海水につかりアサリを探しています。固い所にたくさんいると言っている。コツを掴んだ様子。
IMG_1980
ほら、この通りちゃんと潮干狩り中。写真のはちっちゃいけど立派なハマグリもゲット
IMG_1984
小一時間程度で6Kgのアサリとハマグリを取った。残念ながら写真を取るのを忘れてしまった。(塩水でカメラがどうにかなってしまいそうで撮れなかった。)規定をオーバーしているので、受付でもらった網にパンパンに入れ、5Kg(大人2kg×2+こども1kg)以内に抑えて海岸から離脱。余分な1kgは岸近くに埋めてきた・・・きっと誰かが掘り当てたら大喜びするだろう・・・・??しかし、またもや出口渋滞。せっかく岸に上がったのに、また海中で並ぶことになってしまった。今日は本当によく並ぶ。
IMG_1982
潮干狩り場には足洗い場もたくさんあり、他の行列の割には空いていた。また砂抜き用の奇麗な海水も準備されており、至れり尽くせり。砂抜き海水は1.5リットルのペットボトルが2本あれば十分(5kg位なら)。
IMG_1990

持ち帰り方法は
①真水(水道水)で貝を良く洗う
②バケツに貝をあけ、奇麗な海水をひたひたに入れる。
③クーラーなど温度上昇を抑えられる入れ物に入れて持ち帰る。
 持ち帰った時点元気な貝はかなりの砂をはいているはずで、このままでも食べられる(かも)
④持ち帰った貝はまた真水で洗い、再び持ち帰った奇麗な海水と共にクーラーボックスに戻す。
⑤2時間ほどで砂抜きは完了。翌朝まで置いても良いが温度上昇には注意。
⑥砂抜きが終わったらまた真水で洗い濡れた紙をかけてラップして冷蔵庫で保存
砂抜きはこちらのサイトを参照。とても役立ち為になる、ありがたし。

11時過ぎには着替えも終了。富津公園で昼食。奇麗な藤棚の下でカップめんと屋台のポテトとチキン。ジャンキーな昼食。
IMG_1995IMG_2001

それにしても恐ろしい位、貝がいる。我家も初めての潮干狩りだったが、初めていくならここが間違いない。とにかくあぶれることは無いだろう。誰が何時に行っても2kgは間違いない。もっとも潮回りを無視して満潮近くに行くのは論外だが・・・・。



























GWのピアレッテ 5/3

IMG_19191年生になりたての長女は、まだ小学校の生活が慣れず、幼稚園の頃のお友達が恋しくてたまりません。
都内は雨。こどもが遊べるところはピアレッテ? こどもも行きたいと言っていたので、考えた末、お友達に家まで来てもらい、ピアレッテへ向かいました。

通常、30分で到着するのに、道路の混雑で倍の時間がかかりました

IMG_1927
ピアレッテに到着してからも整理券を渡され、約40分待たされました 待ち時間はあっても、こどもたちは、フロント前ではしゃいで、駆けずり回っていたので、苦にはならなかったかな

こどもIMG_1955よりも大人のほうが多いような気がしました そして、今回2回目ですが、こどもよりも楽しみたい大人達がいることに驚かされます こどもが遊ぶスペースがかなり狭くなってしまっているのに大人がトランポリンの上を走って、壁に激突して遊んでました








IMG_1941それでもこどもたちは、楽しかったみたいで、よかった

やっぱりゴールデンウィークは混雑だね~ ちょっと反省


キャンプ! 西伊豆 雲見 4/30 ⑦ 最終日


IMG_1864友人ファミリーは1泊だったので、昨日の夜は、我が家だけのちょっぴり静かになった夕食&焚き火でした。
夕食は昨夜の残りのエビと、ウィンナーとジャガイモを焼き、パスタを茹でて、あとは生野菜 & 

焚き火、いいですねぇ。しみじみとします。心が癒やされます




IMG_1872
キャンプ最終日。
5時半起床。昨日の朝は湿度が高かったけど、今朝は70%くらいで、テントもタープもビショビショにならずに済みました 気温も16度。曇っていて、午後から雨とかいう予報。

またも朝食はホットサンドとコーヒー
こども達は8時ごろまで寝てました
IMG_1869写真は?撮るのを忘れて食べかけ第2弾!








IMG_1876曇っていたので、楽に撤収作業することができました
10時半 チェックアウト。


途中、みやげの里 いづからや(伊豆市土肥)、流れ鮨 三島店 魚がし鮨(14時頃)に寄りました。とびっこが大好きな長女にはとっても満足な軍艦が出てきました!とびっこだけ4かん食べました。下の娘はカッパ巻き。

IMG_1888これ、何だかわかります? キャラクターが何なのかはわかりませんが、長女が痛車好きで、高速道路で痛車を発見し、追いかけて、鮎沢PAでようやく近くで見ることができた車の写真です。
娘は、初めて近くで見る車に目を輝かせながら、運転席の窓が少し開いているのを確認すると、「すみませ~ん!写真撮ってもいいですか?」と、自分から声をかけてました。
運転席のお兄さんは、とても優しそうな方で、「びっくりした~!」とニコニコ顔で、写真を撮るのをOKしてくれました


IMG_1894
新しい海老名SA。前回は改装中だったので、とても楽しみにしてきました。







IMG_1891
う~ん。確かに綺麗になりましたが、デパ地下みたいで、私的にはちょっと。。。つまらない お店も見たことがあるお店ばかり。



IMG_1890









6時過ぎに家に到着!
体は疲れたけど、心は元気になるキャンプでした。
「今度はいつキャンプいくの?」 こどもに言われてうれしいharumao papa&mamaでした

キャンプ! 西伊豆 雲見 4/29 ⑥ 緊急事態!

IMG_1829
私たちが裸足で遊んでいると、救急隊員の方が走ってきました
「すみません!ここ空けてください!今からヘリコプターが到着します!
風、凄いですからね!」
救急車が到着。




IMG_1831
消防車も到着。消防車には吹き流しが付いてました。







IMG_1832
ヘリコプターが2機
1機のみ着陸?





IMG_1836着陸します。








IMG_1839どなたか患者さんが搬送されるところでした。
テキパキと担架で運んでゆく一連の作業を足湯場から見守っていました。
どうかご無事であることをお祈りしております。





IMG_1843









IMG_1846









静岡県警 航空隊 ふじ2号 JA22PC  ユーロコプター式AS365N3型
 

キャンプ! 西伊豆 雲見 4/29 ⑤ 安城岬ふれあい公園

IMG_1795
千貫門の後は安城岬ふれあい公園でモスバーガー
新しい公園みたいなので、藤棚になろうかと思われる場所で食べました 。。。日陰がまだ少ない。






IMG_1820
裸足がとってもきもちよかった









IMG_1802
藤棚予定。まだ大きく弦を伸ばしていない成長段階の藤の花がさくところでした。








IMG_1821
この公園は足湯があります! しかも自由に入れます
勿論、皆、浸かりました! 温度が46度と少し熱めですが、硫黄の臭いがする温泉です







IMG_1823










IMG_1818
誰の足?









IMG_1806
寝ころんでも走っても気持ちいい~








IMG_1812
珍しい水琴? なんで、耳にあてるところに口をあててるの?
叫んでるし。。。
柄杓で水を瓶にそっと流し込むと、きれいな音が聞こえます。
瓶が上を向いている方は、何となく御経をよんでいるかのように聞こえました。





 このあと思いもよらない出来事がありました!⑥へ続く。

IMG_1825IMG_1828IMG_1790

IMG_1822










豚ヒレのコンフィ なんちゃってハム 

豚ヒレ肉をコンフィを2通りの温度で試す。
右は70℃中心、左は65℃中心。温度設定根拠はこちら
IMG_1908IMG_1898
同じに見える?食べると違う、65℃の方が滑らかでしっとりしている。高級なハム(食べたこと無いけど、たぶん)な感じ。調子に乗ってハムを目指す事にした。以下、作った様子。

塩を少し強めに振り、ハーブと一緒に冷蔵庫で一晩寝かす。Ziplockにオリーブオイルと共に詰め込み真空にする。お湯を張った鍋に突っ込み湯煎開始、62℃~69℃の範囲で温度調整(ガスコンロのOn/Off)
IMG_1899
約1時間弱湯煎したらZiplockから取り出しキッチンペーパーで油分、水分を取る
IMG_1900
ハムと言えばスモーク(本物は燻製してから加熱、または燻製のみらしい)、で準備。家にあるものを寄せ集めた。中華鍋、断熱用の1×4(木片)、段ボール箱、ステンレス串、携帯ガスコンロ。
IMG_1903

燻煙開始。燻材はヒッコリーのチップ。伊右衛門の箱がなんともチープで良いな・・・。
IMG_1905
15分燻したら肉塊をひっくり返し更に10分(合計25分)で完成
IMG_1906
あくまでなんちゃってハムなので、本日中に食す。美味しい。きっと?高級ハムと変わらない。
昼のラーメンに入れてしまった、わかるかな・・・スープに浸っていない部分はピンク色、火が通ると白くなっている。・・・・なんとなくもったいないね。
IMG_1909

最近豚肉にはまっている、食材が安価なので気にせずに試せるので面白い。なにもこんな面倒なことをしなくとも・・・とも思うのだが、パンチェッタ、ローストポーク、他にも叩いて伸ばしたヒレ肉をオリーブオイル漬けにしてから焼くと美味かったり・・・、手を加えると違ったものになるのが止められない。



キャンプ! 西伊豆 雲見 4/29 ④ 千貫門探検


5時30分 温度16度 湿度90% 前々日に雨が降っていたからでしょうか?車、タープやテントの前室等は水滴がついてビショビショでした。

IMG_1868朝はホットサンドとホットコーヒー。危うくまたまた写真と取り損ねるところでした チーズとハム、ツナとタマネギとチーズの2種類のホットサンドだったのですが、写真は食べかけ 




IMG_1783今日は以前から降りてみたい!と思っていたキャンプ場から見える千貫門へ行ってみました








IMG_1757歩道は工事中で歩き難く、思ったよりもハードな道でした。こどもたちも頑張って辿り着くことができました 所要時間:駐車場から10分位

IMG_1766ごろた浜も一生懸命。少年探検隊員頑張る




IMG_1776少し釣りなんかもpapaたちと上の娘はやっていましたが、直ぐに終わりました。釣れなーい







やっぱり絶景、自然はすごい
IMG_1774IMG_1763











IMG_1768
山の斜面が崩れていて、伊豆半島側斜面(写真右下)は、わたしたちが訪れたときにも2度落石がありました。危ない危ない

IMG_1777









IMG_1773千貫門からキャンプ場を仰ぎ見ると、ほんと断崖の上にあるよねー







千貫門遊歩道へはまだ工事中のところ、行ってしまいました。本当は良くないですね、5月31日には工事も完了しているので安全になると思います。ただ海岸沿いは工事できないのでくれぐれも注意が必要です。(papa)

キャンプ! 西伊豆 雲見 4/28 ③夕食と花火と焚き火

IMG_1706とにかくキャンプ場からの景色は素晴らしいこれが、湿度のない秋には、富士山が見えるのですが、生憎この日も湿度70%。見えませんでした。
温度は24度。汗だくのテント張りでした。




IMG_1711夜はバーベキュー&ライス 写真を撮るのをすっかり忘れてしまい、写真が残念ながらありませんが、肉、ウィンナー、ジャガイモ、タマネギ、ナス、サザエ、ホタテ等色々焼きました



そして、この日、友人家族の下の男の子の2歳のバースディだったので、バースディケーキもごちそうになりました はぁ。。。写真がない


IMG_1714
お酒をのんでいい気分になったころには、こんな景色も







IMG_1726
まったりしたい気分なのに、こどもたちはさせてくれない







IMG_1722
・・・でも、大人になっても楽しい花火







IMG_1729そして、大人の時間は焚き火、酔っぱらいのharumao mamaは、喋りだすと段々声が大きくなるので、何度もpapaに注意されてしまうのでした 夜は静かにしないとね とっても楽しい時間でした


雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場


10年くらい前からお世話になっているキャンプ場、子育てで5年間ご無沙汰でしたが、去年の今頃からこどもたちもキャンプデビューしました

IMG_1701
何はなくともこの眺め



















IMG_1884上段のキャンプサイトから管理棟を見たところ。洗い場、温水シャワー、ウォッシュレット付きトイレがあり、いつも奇麗






IMG_1878キャンプ場のシンボル。断崖に立つ絶景お風呂、駿河湾、千貫門が一望できる。天気が良ければ富士山も見えます。とにかく圧巻の絶景風呂




IMG_1881人気No1サイト、中空のキャンプサイト・・・ここはなかなか取れない









BlogPaint
超豪華?エアコン付きログハウス










IMG_1714風呂から見た夕景
遮るものはなにもありません。







記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール

ちいさん