2013年12月

冬の小金井公園で遊ぶ

急に寒くなったと思っていたが、よーく考えればもう12月・・・寒くて当たり前。・・・でも太陽がピカピカしていると出かけたくなるもの・・・・で小金井公園
IMG_1959
ここは原っぱがいっぱい。自転車も人もそれなりにいっぱいだけど気持ちいい。
IMG_1958
大人気のふわふわドーム・・・・定員40名くらい?・・・超過すると15分入替制、もっと混みだすと10分交代。昭和記念公園のそれと比較すると・・・・かわいいサイズ。でも子供たちは大喜び。
IMG_1964
そしてこの公園のお気に入り一番はこれ。
IMG_1972
人工芝のソリすべり。
IMG_2106
そりを持ち込めば何度でも滑れる・・・・大人もOK・・・・これは超楽しい。ソリは公園の売店で¥1200で売っている・・・外のホームセンターで買えば¥700位?。備え付けのソリもある、基本1回交代・・・でもあまり滑らない。
IMG_2058
子供たちも大はしゃぎ。
IMG_2059
「どりゃー・・・・いくぞー・・・」もっと上品に叫んでほしいのだが・・・。笑いが止まらない・・・・のけぞってます。
IMG_2260
人工芝?の上は結構暖かい・・・・下で待っている人もポカポカ
IMG_2269
二人で仲良くそりを山の上まで運ぶ・・・・いつもこうだと良いのだが・・・・。
IMG_2280
おいおい、それは反則だよ・・・・でも楽しそう・
IMG_2349
よーくすべるようにそりの底面に水を付けるのは姉の仕事。妹は・・・「おねえちゃん、私、場所取っとくね・・・」と言っているらしい。役割分担できるんだ・・・・。
IMG_2251
そりに飽きたら隣のふわふわドーム
IMG_2105
今日は入場規制なしで直ぐに入れた。
IMG_2416
冬の陽だまりはポカポカで気持ち良い
IMG_2479





ヒイカのアーリオオーリオと炙り鰤

ひいかのアーリオオーリオ。この季節ヒイカがお手ごろ。さて、どーやって食そうか・・・白ワインに合いそうなこのレシピ。もちろんこのままパスタに絡めてもおいしい一品。
IMG_2540
作り方はいたって簡単。名前の通り、ニンニクとオイルがメイン。オリーブオイル100cc、にんにく2~3片、鷹の爪1本(種含む)、バジル少々、岩塩小さじ1/2を鍋に投入・・・グリグリ。
IMG_2531
ヒイカは腸、眼球、を取り除き、皮も剥く。できるだけ雑多な赤が入らないようにする。胴も足も上の鍋に漬け込んで置く、火はまだよ。(面倒なら皮はとらなくてもOKだが腸は取り除いたほうが良い。取り除いた内臓はグリルで炙れば別の摘みになるよ)
IMG_2534
適当な時間置き、食べたい直前になったら、ひいかを取り出し、オイルとニンニクその他を先に暖める。一緒に加熱するとアーリオオーリオがおいしくなる前に、イカが硬くなってしまう。
IMG_2539
ニンニクがカリッとするか、熔けそうになるまで火が入ったらヒイカを加える。さっと白くなったら出来上がり、加熱しすぎないように注意。ニンニクが香ばしく、暖か辛く、白ワインにおいしいお摘み。・・・・見た目はもうひとつだが、プリッとして本当に美味いよ。・・・・体も暖まる。
IMG_2541

前菜はアオリイカとタコのマリネ。たまねぎ、きゅうり、アオリイカを千切りにして、周りにタコのスライスを並べ好きなドレッシングを回しかければOK(今回はレモンベースで甘さ控えめすこし酸味が強いドレッシング)
IMG_2546

そしてなぜかメインは鰤のお刺身、暖かご飯にベストマッチ。日本人に生まれてよかったよー。
IMG_2535
おまけの一品はブリをバーナーで炙って、先ほどのアーリオオーリオにつけ込む・・・脂が融けてふわっとした鰤の身に、にんにくとイカのエキスがマッチする・・・元気になるオイル・・・パンに付けても美味そうだ。
IMG_2547

ちなみにヒイカはジンドウイカとも呼ばれる。このイカ、アオリイカの夜釣りをしていると(めったにしないけど)生き餌のアジに食いついてくることがある。小さいくせに貪欲な烏賊だ・・・しかも当たりが小さく釣れることはめったに無い(狙えば簡単につれるが極小エギ又は専用の仕掛が必要)・・・ドロボーイカだな。

クリスマスにはローストポーク 2013 (ゴールデンポークって?)

今年もクリスマスにローストポークと言うより、コンフィ。
IMG_2233
クイーンズ伊勢丹にローストビーフ用の肉を買いに行ったのだが・・・なぜか豚が呼んでいる気がする・・・・単に財布が薄いだけか?・・・サイボク・ゴールデンポーク、食肉担当のお兄さん曰く、美味しいブランドポークらしい。
その言葉を信じおじさんはブロックで注文。ゴールデンポークのリブロース700g・・・・うーん外側の脂身が少ないような・・・・g指定したのでお兄さんが調整のために削ってくれたらしい・・・少しもったいない、脂もほしかった。
IMG_2196
この塊肉にたっぷりとゲラント塩を揉み込み、3時間~一晩置く、薄い塩味がつく程度。もちろんそのままでもOK。
IMG_2197
あっつ熱のフライパンで全面に焼き色を付ける。1面1分くらい合計6分。
IMG_2218IMG_2219
このままオーブンに入れれば普通にローストポーク(160度~200度で1時間~30分)なのだが、コンフィ風の調理をするので、Zipplockにオリーブオイル200ccと一緒に入れて空気をぬいて、約70度のお湯をはった炊飯器に投入。このまま65度付近で160分。
IMG_2224IMG_2222
念のため中心温度測定、約60度・・・低目には思えるが、これくらいがちょうどよい(安全には中心温度63度が目安となる)。68度を超えるとしっとり感が失われる・・・・その場合わざわざ湯煎する必要も無い、普通に高温のオーブンで香ばしく焼けばいい。
IMG_2226
ところで、ZippLockの中にはオリーブオイルと肉汁が残っている。両方捨てるにはもったいない。そこで下の写真のようにしてZippLockの下側にプチッと穴を開けると肉汁とオリーブオイルが簡単に分離できる。
IMG_2229
肉塊はアルミホイルに包んで1時間以上寝かせる。で、ココット手前が肉汁、後ろがオリーブオイル。肉汁はグレービーソースに・・・。
IMG_2231
3時間後、真ん中から半分に切り分けると・・・いい感じ、少しロース部分が多いかな?この後、切断面はバーナーであぶって、冷蔵庫で寝かせる。明日にはロースハムのようにしっとり美味しい。
IMG_2232
翌日、早めのクリスマス・・・・・落ち着いてしっとりとした美味しい豚に変身。上質なロースハムな感じ。食すときは110度のオーブンで10分ほど暖めてから切り分けるとより旨いきがする。
IMG_2494
ところで、この豚、サイボクのゴールデンポーク、ブランド豚で美味しいと評判であったが、確かにしっとりしていて美味しい。とんかつ、トンテキには最適な感じ。比較はどうかと思うが、昨年のクリスマスに使った肉処さとうのリブロースに比べると少~し、おおざっぱかも知れない・・・・でもほんとーにしっとりとおいしいリブロース。
下は昨年。
IMG_5314

今日のサラダはさっぱり系、たまねぎ、きゅうり、を賽の目に切って塩でしんなりさせてから冷水で洗い、賽の目に切ったキウイ、アオリイカ(炙りと、生)、赤えびを加えドレッシング(レモン1、オリーブオイル1、蜂蜜0.3、塩胡椒少々)をかけて・・・・・さーぱり。
IMG_2492
そして3種のグラタン。ベースはたまねぎいっぱいとジャガイモ、ホタテ、えび、剥きあさりの海鮮。これに子供用はカニ、細切りポテト。大人用は牡蠣を加えてオーブンへ。下の写真は途中だよ。
IMG_2489
今年もおいしいクリスマスに感謝。






2013年秋 日比谷公園から桜田門

日比谷公園の銀杏と秋晴れの空
IMG_1898

老舗の洋食レストラン・松本楼・・・・10円カレーも有名
IMG_1952
皇居前広場から望む丸の内・・・・なんか外国みたい。
IMG_1840
凱旋濠とちょろっと桜田門
IMG_1821
桜田門だよーん
IMG_1825
こっちも桜田門・・・警視庁と総務省・・・・法務省がいい感じ。
IMG_1877
日比谷濠と(NEW)旧第一生命ビル・・・歴史を背負い威風堂々。
IMG_1949
間違ってアップした写真がもったいないので・・・・。

サーモンの爽やかマリネ ゆず・キウイ風味

たまねぎとキウイでサーモンマリネをさっぱりといただく。周りに黒とか黄色とか赤のソースが入る予定だったが・・・無し。
IMG_2130
サーモンはたっぷり塩を振ってぴちっとシートで脱水。しかし2時間しかできなかった・・・半日はほしい。
IMG_2111
たまねぎは少し大きめの微塵に切って3%の塩水に5分浸し、水洗いし、水気を切る。オリーブオイル大さじ1、砂糖小さじ1、レモン汁小さじ1塩少々でグリグリ。賽の目に切ったキウイと脱水したサーモンをあわせ、最後にゆずの皮を加えればればさっぱりと出来上がり
IMG_2126
このさっぱりサーモンマリネ・・・・とてもさっぱりしていて、爽やかな感じが良い。・・・・うーん冬よりも夏にあいそうだが・・・・夏にゆずは無いよね・・・ふつう。食べるときは崩していただきます・・・。
IMG_2131



ローストポークのフルーツソース 中心温度は68度越え

低温調理ではなく久々に普通のローストポーク。・・・でも付け合せは冒険。あまーいリンゴと柿とキウイ。
IMG_2142
カナダ産豚肩ロース約600gに塩をたくさん振って、あっちちのフライパンでじゅじゅーっと焼いていく。1面1分~1分半。全部で6分位。
IMG_2112
このタコ糸。巻き方へたっぴだよね・・・。誰が巻いたか・・・・スーパーのおばさん、たぶん。でもこんがり焼けば旨そう・・・に見える。
IMG_2113
このまま160度~200度のオーブンで約30分焼いていく。温度はかなり適当、そのときの気分。今日は180度20分、200度10分と強めに火を入れた。豚肩ロースブロックの中心温度は?68.6度・・・・少し加熱しすぎ。
IMG_2121
ホイルに包み食事前まで1時間ほど寝かせる。包丁を入れるとやっぱりしっかりと火が入っている。低温調理とはずいぶん色合いが違うがこれはこれで美味しそう。
IMG_2139

そして今日の冒険付け合わせ。リンゴ、柿、キウイ・・・レモン少し
IMG_2120
賽の目に切ったリンゴをバター5gで炒めしんなりさせる・・・でもなかなかしんなりはしないのだよ・・・。
IMG_2122
なんとなーく、色が濃くなったあたりで、賽の目に切った柿を投入。そして、マッカランを小さじ1。・・・たまらなくいい香り。普通はブランデーだろうが・・・我が家には無かった。・・・・柿はまるでマンゴウな感じで融けていく。ソースには適した食材かも知れない。・・・・なぜ酒を入れたか・・・ちゃんと理由がある。・・この柿、少~し渋みがあった。柿の渋みにはアルコールが一番・・・って本当か?
IMG_2123IMG_2119
最後にキウイ、砂糖小さじ1、レモン汁小さじ1で味を調え終了。盛り付けには生のバジルを合わせるべし。
IMG_2125
・・・・しかし、食べずとも想像すればわかるとおり、これは果物・・・デザートにしたほうが良かったかも。豚にはしゃれすぎ・・・・・。このまま生クリームと一緒にクッキーにはさんでも旨い。・・・いっぱい作ったので食後にマッカランの摘みにしたが、そちらのほうが美味しかったか・・・・?。バジルが一緒だと味を引き立てあう。生ハムにあわせると相性抜群な感じかなー?



休日の午後にサクッとアップルパイ

IMG_2009
実家からリンゴを送ってきた。蜜入りのふじ。
IMG_2004
これを2個使ってお母さんがアップルパイを作った。リンゴをバターで炒め、大さじ1の砂糖とレモン少々、シナモン少々で香り付け。
IMG_2003
210度のオーブンで20分。こんがりと焼き上がり。
IMG_2007
これはサクッとリンゴの酸味が利いて美味しい。太るけどホイップクリームもあうね・・・・。休日の午後、コーヒーと一緒にご馳走様でした。
IMG_2011



皇居走ってきました!

11月30日 第5回皇居FUNラン&20kmリレーマラソンの20キロ女子で走ってきました
こじんまりとした大会だったので、こんな集合写真も撮りました。
IMG_1847










13時40分スタート。
IMG_1860









お堀では白鳥も優雅に応援?IMG_1853










きゃーっ!って感じ。スタートは速い
1キロ地点くらいまで全速力?私はついていけなかった。。。
が、すぐに追いつきました
IMG_1865









IMG_1869










紅葉も観光客も。IMG_1881










IMG_1877








我が娘たちは、日比谷公園で姉妹で喧嘩したり、大泣きしたりして、パパを困らせていたそうです。
噴水の縁に座ってふくれていたらしい。
IMG_1892








IMG_1889








待っている間、喧嘩しながらも楽しく遊べてよかった

IMG_1901








無事ゴール!写真で見る一番最初か最後に見えるけど、違いますよ~!
前回よりも10分くらい速く走れたかな?記録はまだ確認できていませんが、1時間48分くらい。
桜田門で娘が待っていてくれて、最後は一緒に走ってくれました
IMG_1941










IMG_1925








IMG_1949








このあと、地元でお友達家族と 子連れで22時まで遊んでしまった。。。

そして、2日後、届きました!
FUNランとはいっても、頂くと嬉しい
NCM_0175

お買得輸入牛肉でローストビーフ

お得なお肉でローストビーフとクラムチャウダー
IMG_1991
お気に入りのYaoko、パンが美味しくてまた行ってしまった。で超お得な価格で販売しているオージービーフのモモブロック@¥128。脂身がまったく無くて健康食としてはよさそうか・・・。しっかり塩を振って牛脂を溶かした熱々のフライパンで焼いていく。
IMG_1978
1面1分30秒ほど、全面をこんがり焼く。この状態で休ませて食べてもおそらく大丈夫。でも子供も食べるので、160度のオーブンで20分焼いた・・・少し焼きすぎ・・・。
IMG_1980
実際には20分焼き上げ後、そのままオーブンに放置して結局30分焼いてしまった・・・・硬そう・・・。焼き上げ後1時間ほどアルミホイルに包み休ませてた。・・・・あまり期待せず切り分ける。硬そうな肉なので薄くうすーくスライス。
IMG_1990
付け合せはパプリカとインゲンのオリーブオイルのマリネ。パプリカはオーブントースター1000Wで約30分全面に焦げ目がつくまで焼く。甘い汁が出るのでボールの中で皮を剥く。皮むきはトングを使うと熱くなくて便利。インゲンは塩茹。パプリカもインゲンも細切りし、オリーブオイル小さじ2、にんにくすりおろし1/2片、塩少々を加えグリグリして寝かす。本当は一晩くらい寝かしたい。
IMG_1987IMG_1988
盛り付けは・・・・ローストビーフはできるだけうすーくスライス。ローストビーフと一緒に焼いたジャガイモを一緒に盛、グレービーソースをかければ完成。スーパーで売っているローストビーフな感じ。
IMG_1994

今日は寒いのでクラムチャウダー・・・ほんとはハマグリなんかで作りたいが・・・やっぱりアサリ。
IMG_1996
よくホワイトソースがだまになってしまうと聞くが、ソースを別に作るからだまになってしまうのだ。・・・・どーすればだまにならないか・・・・それはとても簡単。・・・・野菜を炒めたところに小麦粉を振って、一緒にいためてしまうのだ・・・その後牛乳を注いで煮込めばクリーミーでだまの無いホワイトソースが出来上がる。要点はホワイトソースのみで作らない。炒めた具材に小麦粉をまぶしてしまうことなのだ。下の鍋、たまねぎのみじんをバター10gで炒め、ジャガイモ、ニンジンを加えさらに3分程度炒めた・・・・ここに小麦粉大匙2を加え、小麦粉が全体になじんで透明になったら牛乳を加えてOK(小麦粉が多くて硬そうなときはバターを5gくらい追加する)・・・・牛乳の量は硬さを見ながら適当でよいが最初は300mlくらいかな?・・・・よく煮込まないとトロミはで無いのでじっくり構えて待つ。・・・硬ければ追加で注げばよい。味付けはコンソメブイヨン5g2個位がよい。
IMG_1984
クラムチャウダーなのでshort‐necked clamも入れる。今日は剥きアサリが無かったので、普通のアサリをアサリバターの要領でいため、殻剥きして、汁と一緒に鍋に加える。塩胡椒で味を調え出来上がり
IMG_1997




記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール

ちいさん