たぶんあんまりないと思う、本当に美味しいマグロ刺身バーガー
IMG_0700
生のマグロを挟んだ。しかし、普通の生マグロとはちょっと違う。少しだけ手を加えた、それは脱水調理。脱水率が5%~25%とかなり高め。その為、バンズがベチョベチョにならない。全く普通のハンバーガーのように作れる。イメージはスモークサーモン(それより水分は少なめ)。からしマヨネーズとトマトを合せた。
IMG_0701
味はマグロがねっとり引き締まり、濃い味でマヨネーズとの相性も抜群。魚臭さも全くなく、とてもスーパーから買ってきて3日後のマグロとは思えない。、商業ベースもありな感じ。これって売れるかも。IMG_0702
作り方はとにかく脱水調理。もちろんピチットを使った。マグロに軽く塩を振り(振らなくともよい)ピチットにくるみ冷蔵庫で一晩脱水。今回はたまたま2日間脱水(途中で一回ピチット巻き換え)約100gのマグロから約20g脱水。

後は普通にハンバーガー、あまりもののイングリッシュ・マフィン(なんでも良い)にマグロを並べ野菜、トマト。からしマヨネーズを合せただけ。いたってシンプル
IMG_0699IMG_0700

美味い。しかも安価、今回のマグロはスーパーで特売の解凍キハダマグロ、刺身で食べると水っぽい。決して美味とは言えない物。ピチット脱水はすごい、キハダマグロが本マグロの味わいとは言いすぎか・・・・。脱水の状態は下の写真の通り、ピチットで脱水1日目の写真、塩を振っても解けずに粒が残っている。これが美味さの秘訣だろうか・・・?それとピチットの宣伝通り、生臭さが全くない無い。しかも消費期限は昨日だったのだ。
IMG_0690IMG_0693
ピチットはこれ
IMG_0237IMG_0239

いかに脱水するかが肝要。
三崎あたりで売り出したら売れるだろう・・・・。その時はご一報欲しいものだ。