鱸の定番料理と言えばソテー・・・と・・・そこにスズキの低温調理
IMG_5303
鱸はソテー用(皮つき)と低温調理用(皮無し)で準備
IMG_5275
低温調理は90℃のお湯で霜降り殺菌の下準備
IMG_5280
10gの溶かしバターと一緒にジプロックに封入し、42℃で40分調理・・・しかし、見た目の通り火の入りが甘い感じ、身は生でコキコキ・・・温度が低かったようだ。しかしこれからさらに温度を上げてげて調理も考えられず…その後、結局ソテーしてしまった。スズキは高温で調理しても美味しい魚、わざわざ低温調理もなかったか・・・。下は失敗品。
IMG_5299
鱸の皮はくっつかないアルミホイルに張り付けて塩を振ってグリルで焼けばパリパリの骨せんべい
IMG_5277
ソースはトマトベースとアボカドで準備したが・・・・がっかり感が否めない。
IMG_5306