旅行とか

米沢と熊本・・・一人侘しい地方巡業、馬刺しで一杯

IMG_0725
今年の2月米沢出張があった、言わずと知れた米沢牛を思い浮かべるが、夜中10時過ぎ、財布が薄いサラリーマンは1mもの雪が残る街を徘徊して見つけてしまった。
IMG_0723
行きついた先は米沢市内の繁華街、山形大生(院生ね)も通う?このお店「馬かもん」。米沢に来て馬とは・・・いえいえ、昼にがっつり米沢牛を頂いて、夜はさっぱり馬刺しに行くのが良いのでは?・・・。
IMG_0726
供されたのは、たたき、あかみ、ロースの3種盛、これで¥1300は安い・・・見た目のとおり、さっぱりと赤みの肉が美味い
IMG_0724
さらにフタエゴを追加・・・脂身のまったりした甘さがたまらん
IMG_0727
で〆になぜかモツ煮込・・・とは思えない上品な一品、しかもボリューム満点、米沢の夜はここしかないね。
IMG_0728
そして4月某日、今度は熊本出張。やっぱり馬刺し。選んだのは宿泊したホテルの隣。
IMG_0849
三村、元気のいいいフロアのお姉さんに頼んだのはこの馬刺し盛り合わせ、洒落た盛で¥1280
IMG_0845
さらに山形では頼まなかった馬レバ刺し、一人では食べきれなさそうと相談するとハーフを作ってくれた。
IMG_0847
人が作ったものを映して何か言うのもなんだが・・・山形と熊本の馬刺し、安くてうまいね・・・東京で食べるとこんな値段ではありえないし、地方出張の楽しみは夜の酒に限る。

小踊ってしまう偶然の出会い 日塩 手打ちそば・白滝

期待していない処で想像以上のものに出会えると、うれしい気持ちが小躍りしてしまう。単に自分が無知であっただけなのだろうが・・・。まさに今回訪問した、日塩もみじラインのちょうど中間あたりにある、ひなびたドライブイン「峠の茶屋」と「手打そば 白滝」 はそれであった。躍る気持ちをいただいて多謝である。
IMG_4759
このドライブイン、知る人ぞ知る紅葉の名所真っ只中、最シーズンにはここに駐車する為、渋滞が発生するらしい。(知人談)。しかし夏休み一週目、しかも小雨交じり、気温18度の生憎の天気ではお客もまばら・・・深山の奥深くにひっそりと佇む姿がなんとも・・・
IMG_4763
ハンターマウンテンのユリを見に来た帰路、食事は今市か日光に抜けてからしようと決めたのだが・・・先行する車が、霧のせいもあってか?頻繁にブレーキランプを点灯させるうえ、30km/h程の低速走行、そのノロノロ感に辟易としていた・・・・と、ナビに滝の表示・・・そこで少し休むことにした。地図のリンクはこちらから
ここには立派な公衆トイレもあって休憩には最適。しかも美しい滝まで拝むことができる
IMG_4742
滝を見物しプラプラしていると子供たちが何やらお腹がすいたと言い出した。そこで全く期待せずに(大変失礼いたしました)、店頭で供されていたみそ田楽を注文した。・・・田舎味噌?よくあるダレた田楽みそのそれではなく、もろみの香りが空いたお腹をくすぐる。これは旨い。子供たちもペロッと平らげてしまい、追加も含め結局5皿平らげてしまった。・・・本当に旨かった。
IMG_4754
田楽で気をよくし、ドライブインの窓辺から眼下の流れに目を遣ると・・・あんれまー・・・魚・・・あれって岩魚・・・天然。しかもわずか50m程度(滝と滝の間)の流れに・・・釣り好きの親父がニタニタ関心している傍で娘がカシャリ・・・。ちゃんと写ってるよ。
P7220047
なんかいい感じが続く・・・店内をよく見ると蕎麦打ち台が設けられている・・・店主の息子さんだろうか?蕎麦打ちをされるのか尋ねると、朝に蕎麦打ちしたので今日はもう打たないとの返事。・・・うーん此処でそばを打っていることは間違いなさそうだ。・・・そういえば私たちと入れ替わりで出ていったお客が、「とーっても美味しい蕎麦だったね・・・」と話しながら出ていったことを思い出した。・・・もしかして下界に下りずとも・・・・。さっそくもり蕎麦を注文。
IMG_4768
しばらくして出てきたのは・・・おーっとなかなか上品な蕎麦。さっそくいただきます。・・・・蕎麦の香りがほんわかして、そのあとに甘味が続く・・・・うまーい。つゆはもう少し薄めの辛めが好みだが・・・間違いなく美味い蕎麦だと思う。
IMG_4767
アッという間に平らげてしまった。・・・そして蕎麦湯は私の大好きなドロドロタイプ・・・うれしい限り。
IMG_4769
こんな山奥で、しかもドライブインで・・・。すみません私が持ち合わせているドライブインのイメージは場末、時代に取り残され消えゆくモノ・・・と決めつけ、なんの期待もしていなかった。・・・お恥ずかしい。
美味しい蕎麦を供してくださったのはこちらです。
IMG_4774
そしてもう一つ駐車場の脇で見つけた・・・初・写真。これは何でしょう?IMG_4776
野生のタマアジサイのつぼみ・・・私は初めて知りましたが、こんな丸くても咲くとアジサイ。
おまけはハンターマウンテンのユリ、これから8月中旬ごろまで楽しめるとのこと、是非そのあとは蕎麦を・・・・
IMG_4707
IMG_4720

DAISOのタイバンドは何に使われる?

何処に行っても楽しいのはその土地々のスーパーを見ること。大手のスーパーでも地域独特のものが少しは置いてある。その少しを見つけ出すことは楽しいことだ。特に生鮮、鮮魚は面白い。・・・・でもまさかDAISOでこんな・・・・
IMG_0727
伊豆・松崎のDAISOのレジ脇で見つけた。・・・これはなんでしょう?・・・タイバンドの端切れ・・・自由に持っていけとの趣旨のようだが・・・・これはイワシを捌くのに便利な道具に変身するのだ。この季節、カタクチイワシ(セグロ、ヒシコ)が多く水揚げされるからか、レジ脇に捌き方の図解と共に置いてあった。・・・すばらしい。・・・それともタイバンドを売る為の戦術か?・・・いずれにしても海に近いこの店だからこそのアイディア・・・ちょっと嬉しくて恐れ入った

下田の街で美味かった 夏ミカンと大洋亭

キャンプの帰りは海を眺めながら136号線をのんびり北上することにした。お土産を買いにまずは下田に寄った。ここは道の駅 開国下田みなと。二階のデッキがひろーい・・・とゆうか長―い。ハワイのような陽気で心も弾む。
IMG_3790
お土産物を買って、今日の夜食べるカワハギ刺し用に生ワサビ 2本入り ¥450も買った。
IMG_3911IMG_3786
道の駅を出て、車についた樹液を落とすためにガソリンスタンドに寄った。シャンプー手洗い洗車で¥980とリーズナブルなのに、さらに大きな夏ミカンを5個もお裾分け頂いた・・・知り合いの農家さんから一箱もらったのでとのこと・・・・洗車代金と変わらないのでは・・・うれしくて申し訳ない・・・ありがたく頂きました。味が濃くて美味しかった。
IMG_3916
車もきれいになったし・・・さて昼食はどこにしようか・・・そうだ結婚前に一度行った大洋亭・・・・行ってみよう。子供たちもオムライスといったら喜んで賛成。
IMG_3812
このお店は大盛で有名らしい。以前お伺いしたときは偶然入ったのだが・・・そうそう確かに量が多かったな・・・店内はこんな感じ、カウンターがあったなぁ・・・と夫婦で記憶をたどる。
IMG_3817
メニューは・・・リーズナブルさらに黄色い星はハーフで100円引き、青い星はハーフで200円引き。他にもメニューはたくさんある。
IMG_3813
お母さんはハンバーグ・・・・ふっわふっわのハンバーグ、デミグラソースがおいしい。
IMG_3818
お父さんはオムハヤシのハーフ(オムハヤシ赤は中がケチャップライス)、これでハーフ・・・濃い目のケチャップ味のハヤシとふわふわ卵がたまりません。
IMG_3826
上の娘はシンプルにハヤシライス(普通サイズ)ケチャップライスとデミグラが半熟卵とベストマッチ。娘はこれをきれいにたいらげた・・・美味かったらしい。
IMG_3821
こんなに大きいのに一人で食べる娘
IMG_3824
下の娘は生姜焼きのハーフ、これは生姜が効いて大人味、結局お母さんのハンバーグと交換してたべた。
IMG_3828
食後は街をぶらぶら・・・・ナマコ壁
IMG_3830
・・・銀行の駐車場にあった・・・なんだろうこれは・・・津波の時の避難用シェルター船?この中に避難して流される・・・・うーんなんとも・・・
IMG_3847
下田の街には美味しいものがたくさんある。魚、和菓子・・・ぶらぶらしながら探すのは楽し。

Olympus TG3は面白い・・・遊びLoggerなのだった

EOSのレンズを買うか・・・迷った末、手に入れたのはオリンパス TG3
IMG_6134
早速、中禅寺湖キャンプで使用してみた。今回一緒に活躍したのはJOBY 三脚ゴリラポッド・・・これはいける。ダッシュボードにおいてGPS Onでコマドリ。
IMG_6136
TG3のGPS精度は宣伝の通り、かなり正確。・・・もっとも更新レートの関係で飛んでしまうところは仕方ない。清滝から菖蒲が浜キャンプ場までをLogした結果・・・ぴったり一致。・・・但し1.2G/1.5GHzのGPS信号が透過しない環境ではでたらめになる(当たり前)
清滝_中善寺
憧れの水中撮影、手持ちだとぶれるのでJOBYで川底に設置、ブレ無しできれいな写真が撮れた。シャッターはOI.shareでリモート。もっともWifiアンテナが水没すると繋がらないのでアンテナ搭載部分は水面に出しておく(浅瀬でしか使えない技)。・・・トラウトの子供たちがたくさん。
P8010395
ライズする魚・・・・これは癖になりそう。・・・ここは日光中禅寺湖の地獄川、5度の超低温でこの透明度・・・内水面では貴重な流れ・・・・もっとも地獄川は水産庁養殖研究所の管理下にあって漁も、入水することさえ禁止・・・あれ・・・写真とって良かったのかな?。
P8010383
肝心の絵は?・・・・まぁまぁ?・・確かに明るいが・・・ノイズもそれなり。すべて自動でそれなりに撮ってくれる。贅沢を言えばマニュアルモードが欲しかった・・・シャッタースピードだけでもあると良かったなー・・・・。
P8020023IMG_6231

TG3は面白い。間違いなく遊び用のカメラ、何処へでも連れて行けて簡単に記録が残せるのはすばらしい。・・・そうこのカメラは遊びLoggerなのだ。・・・・ただしGPS Onでは電池は1日もたないので予備バッテリーは必須。














父はオレゴン出張中

仕事でPortlandに来ている。もう4日もいるのにジェットラグが抜けない。昨日はよく寝れたのに・・・・・仕方なくブログアップ。
ホテルの前の工事現場・・・・遊園地かと思ったが、クレーンだった。電飾つき・・・・こういうのって良いね。
NEC_0009
おっと、Columbiaの店の近くになんと・・・・mont・bellがある・・・・やるね・・・チャレンジャー・・・いつの間にやら出店していた、・・・・なにやらはんてん見たいなダウンが飾ってある。昼間時間があったらのぞいてみよう。
NEC_0012
ポートランドの気温は東京並み。しかし、晴れ間が少なく、曇りのちしとしと雨、曇り。
NEC_0013
・・・・そういえば途中に寄ったサンフランシスコの空港で古い日本のおもちゃを展示していた。ウルトラマン、マッハ55、キカイダー、仮面ライダー・・・そしてブリキのおもちゃ・・・父が生まれたころか?それ以前か?・・・懐かしいおもちゃがいっぱいだった。・・・おお会津のあかべこもいる・・・民芸品だなこのあたりは・・・
NEC_0016NEC_0017NEC_0018
NEC_0019NEC_0021NEC_0022
NEC_0023NEC_0026








初めての長野キャンプ 番外編2 家路

あずみのアートヒルズミュージアムからはまっすぐ帰路に就く。とはいっても中央道は混雑しそう・・・大幅に遠回りだが上信越自動車道経由で帰るルートをえらんだ。姨捨サービスエリアの煙・・・なんかいい感じ。姨捨とはやはりおばすて・・・?
IMG_9966
そしてサービスエリアから眺める長野市内・・・・うーんきっと夜景もきれいだろう。
IMG_9970
いざ、関越目指して上信越道をひた走る。・・・・佐久平付近から風が強まって碓氷軽井沢を過ぎると雨が降り出した。あんなに良い天気だったのに・・・しかも関越は50kmの渋滞らしい・・・ああ・・・なんてこった中央にすればよかったか?
IMG_9971
でも今回はいつもと違うルートを満喫したい。・・・・横川の釜めしも・・・と言うことで横川SAで一服。
IMG_9972
ここはすべてが「おぎのや」な感じ。なんと列車の車両まで置いてある。
IMG_9973
しかも、この中では飲食可能。旧横川駅のプラットフォームのイメージか?
IMG_9984
我家も少し順番まちしてシートを確保。まるで列車の中・・・・。
IMG_9977
しかし、食べたのは峠の釜めしではなくて・・・・峠のラーメン・・・だって峠の釜めしは¥1,050・・・・。結構いい雰囲気出してる?。
IMG_9980
釜めしはこの通り、ひっきりなしにお客様がやってくる。列はできないが途絶えない・・・絶妙なバランス。
IMG_9978
ところで、このサービスエリアで販売しているぶどうの価格に仰天。もっとも等級の高い良いものしか販売していないだろうが・・・中条の道の駅とは・・・・?3倍も価格が違う。あーもう一度食べたい・・・・
IMG_9990

1時間ほど横川で時間をつぶしたが、まだ渋滞は50km・・・・途中さらに藤岡パーキングエリアで一服、ここは変わったパーキングエリアで肉屋さんやスーパー飲食店がモールのように並んでいる(モールです)。さらにさらに三好パーキングで休憩しゆーくり帰ってきた。家に着いたのは8:30頃、約6時間の車の旅だった。

初めての長野キャンプ その3 青木湖とアニメの世界とガラスのミュージアム

9月23日(月)青木湖キャンプ最終日。
今朝も湖面に映る景色が美しい。稜線からの日の出が湖面を照らす。
IMG_9885
二つの太陽・・・・何とかの惑星ではないよ。
IMG_9886
IMG_9889
IMG_9891
今朝の気温は曇りの為か、少し暖かい。
IMG_9893
さっそくカヤック出艇。釣竿をもって狙うはヒメマス?スモール?
IMG_9897
そして子供たちのお気に入りはこれ、気に入ってくれてよかったよ・・・。
IMG_9918
11時までに撤収を済ませ、いざ、あずみ野観光へ・・・途中、海ノ口駅に立ち寄り。
IMG_9922IMG_9942
なぜこの駅なのか・・・娘はアニメおたく予備軍・・・・そー、海ノ口と言えば「おねがい☆ティーチャー」「おねがい☆ツインズ」
IMG_9924
わたしもこんな漫画を描きたい?それとも声優?
IMG_9932
勿論、ヤマザキディリーもパチリ。
IMG_9943
このまま県道306有明大町線(山麓線)をあずみ野方面へ・・・この道、便利。何が良いかって・・・信号がすくなーーい。あれっ?さる?・・・・悪さするなよ。
IMG_9944
おお・・・走ってる。今日はロードレースの日?・・・・おいおい、交通規制かけなくてよいの?・・・あんまり危険な感じがしたので並走する農道に一時避難した。
IMG_9945
約1時間であずみのアートヒルズミュージアム到着。
IMG_9948
ここをえらんだ理由は・・・大人は美術館巡りが良いが、我が子供達は無理。思い出も作れたらと考えて残るもの・・・で工作のできるここをえらんだ。さっそくガラス細工に挑戦。
IMG_9955
とは言っても子供のできるレベルで・・・・ネームプレート作り。このガラスの破片が焼き上がると・・・きれーなガラスのネームプレートが出来上がる。残念ながら店内は撮影禁止なので写真はこれだけだが、美しいガラス細工の展示は勿論、有名な人形作家の個展も開かれていた。IMG_9956
・・・・なぜかこのミュージアムで今回初、長野と言えば果物、蕎麦、そしてお焼き・・・なす味噌味。美味かった。
IMG_9952

初めての長野キャンプ 番外編 つばくろで蕎麦をいただく

9月22日(日)キャンプ二日目。今日の昼食は・・・・信州と言えば蕎麦・・・
IMG_9856
と言うことで、アルプスあずみの公園近くの蕎麦屋さん つばくろ にお伺いした。ちょうど新そばの季節、期待が高まる。
IMG_9845
メニューは・・・・うーん。高い。日光の蕎麦になれた我が家の感覚からするとすこ〜し高めに感じた。東京並みか?注文したのは、ざるに天ぷらとおぼろ豆腐がセットになったつばくろそば。子供たちがおぼろ豆腐なら間違いなく食べると思ったのだが・・・。
IMG_9848IMG_9849
お通し・・は甘い大根の漬物・・・後引き大根・・・うまいです。あとを引きます。
IMG_9850
おぼろ豆腐は塩で頂くそう・・・・しかし、塩が岩塩でピンク色、うちの娘たちは気に入らなかったらしく手を付けなかった。・・・普通に美味しいのになー。結局大人が食べてしまった。また余分な肉になってしまう・・・・・。
IMG_9852
さていよいよ天ぷら、私的にはそばを食べる前に天ぷらより、そばを食べてから天ぷらを食べたい派なのだが・・・そんな店はないか?。ここの天ぷら変わっている・・・見ての通り、アスパラ一本、かぼちゃ、パプリカ(赤)、ズッキーニ、そしてリンゴ・・・具材が特徴的で面白い。りんごの天ぷらはデザートな感じ、これはいけているかもしれない。・・・もっとも杉並・井荻のミシュラン蕎麦屋(ここの天ぷらは蕎麦屋としては別格)や栃木の天ぷらの美味しいそばやに比べるといまひとつの揚げ具合。ネット上ではかなり美味しい天ぷらのイメージが書き込まれていたので期待しすぎていたかもしれない。そば天としては普通-、アイディアは最高得点と言ったところか・・・・。
IMG_9853
いよいよメインの蕎麦。・・・あはははは・・・・これですよこれ。新そばの薫り高く美味しゅうございました。
IMG_9854
そして、蕎麦湯。私の大好きなとろとろ蕎麦湯。これは最高でございました。
IMG_9857
蕎麦屋はぽつんと一軒家がいい、そして田舎の農家の雰囲気がいい・・・まさしくここ、つばくろもその通り。
IMG_9859IMG_9847

それにしても、さすが信州、あっちこっちにこれでもかってくらい蕎麦屋がある。日光もそうだが、きっとどこに入ってもそれなりの蕎麦が食べられるはず。有名でなくとも美味しいそばがたくさんあるはず・・・・これは楽しそうだ。

3連休・急遽行き先変更 野点庵の蕎麦をいただく

3連休、台風が接近。青木湖キャンプ行を延期して栃木にお出かけ。文挟・野点庵で美味しい蕎麦を頂く。
IMG_9549
途中、羽生サービスエリアで朝食。なんかやってる。あっ・・白バイだ。交機のお兄さんも一緒。試乗会・・・。道路でみると怖いけど、こうしてみると親しみやすい。
IMG_9448
ありゃありゃ、今度は埼玉のゆるキャラ大集合・・・。結構かわいいじゃありませんか・・・でも知っているのは何もない。
IMG_9472
こんなものまで・・・これは移動水族館のドクターフィッシュ。何とも言えない感触。
IMG_9467IMG_9464
羽生サービスエリアでずーと気になっていた佐世保バーガー・・・やっと注文・・・どーんと大盛り。
IMG_9474
ハンバーガーはレタス大盛り、卵、ベーコンそしてでっかいパテでガッツリ感いっぱい。
IMG_9478
バンズもほっこりちょうど良い歯ごたえで美味しゅうございました。
IMG_9482
そして昼、例幣使街道・文挟へ。街道沿いにある小っちゃい看板を見落とさないように気を付けて細い道を入っていく。
IMG_9552
クヌギ、ミズナラの林の中にひっそりと店はある。
IMG_9553
メニューはこんな感じ。この辺りではごく普通の価格。安い?高い?
IMG_9546
注文は天盛り。
IMG_9563
野菜天ぷらはこんな感じ。さくっと普通の美味しさ。
IMG_9567
そして肝心の蕎麦はいつもながら美味しい。
IMG_9562
野点庵はお気に入り。一年ぶり。・・・これからも毎年来るのかな?
IMG_9558

大笹牧場でおいしい体験 生キャラメルソースとかき氷

中禅寺湖の帰り、大笹牧場に寄り道、生キャラメルソース作りに挑戦。
IMG_9070
日光から霧降高原経由で向かうが、思ったより遠いのね・・・。峠道をくねくね登って、下って約45分で大笹牧場に到着。
IMG_9083
周りにはこれ以外の施設は無いので皆この牧場が目当て・・・かな?。ここの2階の食の体験工房でアイスクリーム、生キャラメル、ワッフルつくりが体験できる。
IMG_9081
一番おいしそうな生キャラメルソース作り体験に参加。費用はアイスクリーム付きで¥900、定員は10名程度。生キャラメルの材料は牛乳、グラニュー糖、蜂蜜、生クリーム、バター
IMG_9036
まずは牛乳、グラニュー糖、蜂蜜を鍋に入れIH設定160度でヘラでかき回しながら加熱していく。
IMG_9038
IMG_9042
フツフツとして来たらバター、生クリームを加え、優しくかき混ぜていく・・・乱暴にすると鍋からこぼれてしまう。
IMG_9048IMG_9049
意外や男の子が多かった。指導される方がよく注意してみてくれているし、大人が付いても良いので小さい子供でも大丈夫。
IMG_9053
グツグツと沸騰してきても温度設定は変えずこのまま7分くらい煮込んでいく。
IMG_9060
今回は生キャラメルソースなので少し緩め、飴色ではなく濃いめのクリーム色を目指す。出来上がったらビン詰め。・・・・もう少し煮込めば生キャラメルになるね。
IMG_9066
のこったミルクソースをアイスクリームにかけて食す。これはもう絶品。参加した誰もが美味しい美味しいと言っていた。・・・・自分も含め大人はヘラについたキャラメルソースをなめていた・・・リピートしたい。
IMG_9068
詳しいレシピはこちら
IMG_9075
家の娘は何もかも遅い・・・あれー食べているのは君一人だけです。後ろの方で片付け待機中。・・・・でも美味しくてニンマリが止まらない様子。
IMG_9076
その後、1階の大きな食堂で食事を済ませ、牧場にお出かけ、日向は1000m超の高原とは思えぬ暑さ・・・でも子供たちは暑さなどものともせず元気。
IMG_9087
アスレチックの後は・・・お馬さんに乗りたーいで・・・乗馬体験。
IMG_9127
姉妹仲良く牧場をぐるり。最初は怖がっていた妹もお姉ちゃんと一緒で上機嫌。
IMG_9143
乗馬体験料金はこんな感じ、我が家は¥1000コース。スタッフの方はとても親切で写真を撮り忘れたと言ったら再度ポーズを取らせてくれた。
IMG_9179IMG_9180
ヤギやポニーともふれあい。
IMG_9189
100円で餌の最中?(最中の皮に中にペレットが入っている)をヤギにあげる。あっという間に食べてしまうので娘たちは驚き。
IMG_9195
もう少し涼しければのんびりできるのだが・・・これは大人の考えか?
IMG_9200
再びアスレチックやらシーソーで元気に遊ぶ姉妹。
IMG_9206
そういえば日光の天然氷でつくるかき氷を売っていた・・・・そうそう昔懐かしい鰹節削りみたいにうすーく削った氷のかき氷、これは食せねば。食いしん坊なので・・・また食べかけ写真、本当はもっとこんもり綺麗なかき氷
IMG_9208
大人は生マンゴーに練乳をかけた超贅沢かき氷、子供は大好きなブルーハワイ
IMG_9209
ベー・・・青い・・・とご満悦の娘
IMG_9220
普段食べているかき氷とはまるで違う。雪を食べているように(食べたことない人が多いか?)口に入れると、さっと溶けていく、うわさ通りキンキンしない。少し高いが食す価値あり。お薦めの一品であった
IMG_9218
いつもは1/3程度しか食べず飽きてしまう娘が最後まで食べた。・・・溶けた青水?もすべて飲んだ。・・・やっぱり美味いものはわかるのね・・・。
IMG_9222
帰りは県道栗山・青柳線を通って今市に出るルートを使った。対向車も後続車もほとんどいない細い峠道をのんびりと行くのは楽しい。
IMG_9229



日光市 観世音そば 下の家

日光市岩崎の蕎麦屋さんに行った。岩崎観音のすぐそばにある完全自家生産、手打ちの蕎麦屋さん。観世音そば下の家。
IMG_8588
入口は少しわかりにくい(地図はこちら)。しかも到着しても・・・・へーそばや・・・ねー・・って感じ。日光、今市付近では地域組合が作る蕎麦屋から洒落た蕎麦屋まで色々なお店が点存在するが、ここはまたひとひねり。近くの行川庵やお気に入りの野点庵とは趣が違い面白い。
IMG_8571
このとおり・・・プレハブ、蕎麦屋さんと言うよりは、農作業用プレハブ?・・いや、いや、外見ではないのだ・・・・蕎麦を食べれば・・・きっと。
IMG_8573
先ずはかき揚げを注文。天ぷらは数量限定らしく、すでに売り切れていた。・・・天ぷらはプロではないようだが、イカやエビが入っているようで素朴で美味しい。(蕎麦屋で美味しい天ぷらなら杉並のミシュラン一つ星の蕎麦屋がお薦め(・・・でも蕎麦はね?))
IMG_8587
蕎麦は大もりそばを注文。このお店では秋そば、夏そばの2種類を一緒に供してくれる。これは面白い。普通のもりそばでも十分だったかな?結構なボリューム。
IMG_8592
さてさて味は・・・・旨い。美味しい。強めの腰のある蕎麦は好み。しかも夏蕎麦の香りは今まで感じたことのない香り、これを青臭いと言うのだろうか?・・・と秋蕎麦の香ばしさが一緒に味わえる店などそうそうない。そして噛めば噛むほどに口の中に甘みが広がっていく。・・・・間違いなくそば好きにはお薦め。
IMG_8594
付けダレは人の好みなので、店主が選んだ味が正解だろう・・・・私には鰹だしの香りと甘みが少し強すぎる感じがした。そばの香りが消えてしまうのでもう少し薄めでも良いかと思った・・・まてよ・・・うーん2種類の蕎麦の違いを感じたいと思う気持ちが強くなるのでツユが邪魔になっているのかもしれない・・・・でもこの店はお薦めである。

食後、お腹が膨らんだので近くを散策。道を挟んですぐ向かいの岩崎観世音。子授け安産の神様らしい。建立は1890年前・弘法大師らしい。
IMG_8599
山百合がたくさん咲いている
IMG_8600
これはなんて言う花?
IMG_8610
良いねこんな道祖神・・・安山岩?セメント?・・・いえいえ大谷石。
IMG_8604
岩崎観世音はこの石階段、70段上った奥。
IMG_8606

やっぱりハワイはワイキキ?

マウイ・カフルイからの出発を早めにして、ホノルルから羽田は夜10:30帰着の便にした。これでオアフ島で8時間の時間が取れた。ハワイと言えばやっぱりワイキキ・・・で買い物。
IMG_7679
移動は自腹なので節約、空港からはThe BUSで移動@2.5$。19,20番バスがワイキキに向かう。しかし、行き先をよく確認しないでHicman AFB方面行に乗ってしまった。空港のバス停はwaikiki行も郊外行き来も同じ乗り場なので要注意。幸いバスの運転手が観光客と認識し、行き先を聞いてくれたので料金支払い前に降りることができた。助かった・・・。ちょうどバス停にハワイアン航空の格好いいフライトアテンダントのお兄さんがいた、なんと彼は日本語で「次のバスはワイキキ行ですよ」と教えてくれた・・・・おお~やっぱり日本語はうれしい。・・・調子に乗ってワイキキからの帰りの渋滞情報も聞いてしまった・・・もちろん日本語で・・・。
IMG_7678
空港からダウンタウン、チャイナタウンを過ぎアラモアナへ、結局ワイキキまではいかず、アラモアナ・センターで下車。約1時間、距離の割に時間がかかったのは乗降客が多かったから・・・やはりバスはご老人や低所得者の生活の足なのだと実感。大きな荷物を持って乗ってはいけない。
・・・ところでアラモアナ・センター・・・ここは日本か?あっちもこっちも日本語、店員さんも日本語、観光バスも・・・おばちゃんたちが・・・熱海よりすごいぞ・・・なるほど・・・重要産業です。
アラモアナ・センターでよかったのはマウイに比べ品数が多いこと、新作もあったりしてやはり都会なのだと実感、日本人が好む商品はやはりこちらが断然良い・・・海外旅行している楽しみはほとんどないが・・・。

IMG_7682
アラモアナ・センターからホノルル空港までThe BUSで約40分、帰りは早い。十分満喫?したハワイともさようなら。・・・とおもったら、クレーム・タグをなくしてしまった。チェックイン・カウンターで大騒ぎ、荷物はカフルイから羽田にダイレクトのはずだが、クレーム・タグがないと乗継チェックインができないらしい。ANAのグランドスタッフが荷物確認など手当をしてくれた・・・ホノルルでよかった。ちなみにこのクレーム・タグの印刷はZebra Technologies社製品・・たぶん。
IMG_7685
なんだかんだでボーディング。そして離陸・・・ダイアモンドヘッドが見える。
IMG_7689
こうしてharumao_papa_mamaのハワイ旅行は終わった。
最後に名残惜しく島影を撮影、この島は?ニイハウ島かな
IMG_7690



フェアモント・ケア・ラニ マウイ 滞在記④

IMG_7582
強烈な日差し・・・その前は・・・。朝日は山の向こうから・・・気温は15度位ひんやり、ジョギングには最高。
IMG_7558
今日は近くのザ・ショップズ・アット・ワイレアに・・・ルイ・ヴィトンやらグッチやら高級店が並ぶが・・・我が家は友人に頼まれたお土産を探す。
IMG_7570IMG_7571
昼ごはんはそろそろ日本食(ここには寿司屋さんがある)とも思ったが・・・ISLAND STYLE。
IMG_7568
島のビールとハンバーガーをがっつりと頂。・・また食べかけかい・・・。
IMG_7576IMG_7580
最終日のビーチ、明日の朝には出発してしまう。名残惜しいね・・・。
0021
部屋で休んでいるとスズメ?がベランダに入ってきた。・・・ポテチをごちそうした。
IMG_7222
再びというより日課になったビーチ・パス散策・・・ウミガメがいるよ。見えるかな?
IMG_7450
このホテル他にもいろいろな会社がイベントをやっていた。3MカナダにZebra Technologies(ゼブラじゃないよ)
IMG_7583IMG_7584
そしてFarewell Reception。
IMG_7585
ハワイの星空・・・4日間すっかりご馳走様でした。
IMG_7667



フェアモント・ケア・ラニ マウイ 滞在記③

IMG_7397
朝食を済ませ今日は古都(かな?)LAHAINAにお買いもの。バスで1時間かけてマウイ島西部へ。
IMG_7398
LAHAINA・CENTERに到着。まるで熱海の外れのお土産物屋さん。ゴーストタウン?開いているのはさびれた土産物屋とABCと・・・。
IMG_7399
ここラハイナの中心街は海沿いのフロント・ストリート。たーくさん観光客がいる。・・・ホノルルとは違い日本人などほとんどいない。
IMG_7394

午後はビーチ沿いの遊歩道ワイレア・ビーチ・パスを散策。
IMG_7260
遠くWest Maui Mountainsを望む。絶景かな・・・・昼はほとんど雲でみえなーい。
IMG_7253
適度なアップダウンがあってジョギングには最適。・・・毎朝夫婦でジョギング、たった3日間しか走らなかったが、それなりに知り合いができた。白髪の品の良いおばあちゃん、そっくりな犬を連れたおばさん、葉巻を銜えたおじい様・・・。
IMG_7258
このビーチ・パス沿いにはフォーシーズン・マウイ・ワイレア
IMG_7256
ワイレア・パブリック・ビーチを望むグランド・ワイレア・・・高級リゾートが並ぶ。このワイレア・ビーチ・パスはすんごいところを結んでいるのだ・・・と実感。
IMG_7255

そして今宵はメインのイベント。みんなフォーマルで出席
1085
ちゃんとしたディナー・・・食器がきれいに並んでいる。
3012
メニューは・・・・・フルコース
3023
無事アワードディナーも終了し、一安心で部屋でまた一杯。
IMG_7385




フェアモント・ケア・ラニ マウイ 滞在記②

IMG_7102
滞在二日目、今日はそれぞれアクティビティにお出かけ。その前に朝食ビュッフェ
2001
やっぱりハワイなのだ。ホテルにあるレストランも早朝5時半から朝食の準備でゲストを迎える。きっと調理スタッフはもっと早い時間から働いている。
2002
harumao_papa_mamaはこんなところに行った。
IMG_7187
なんだこれ?確かに・・・しかし西伊豆の千貫門のほうがすんごいぞーっ!
IMG_7186
ほら・・・こんなの・・・・。観光地と言っても小さな駐車場とトイレがあるだけ。
IMG_7182
次の目的地は水族館。まずはハワイ近海の珍しい魚・・。
IMG_7198
日本の水族館ならイルカや海獣のショーがあるのだが・・・。日本の水族館に来たらきっと外人さんはぶっ飛ぶかもしれないと思いながら、おとなしい展示を眺める。・・・単に田舎の水族館だからだろうか?
IMG_7210
しかし、この水族館にには重要な仕事がある。サンゴの増殖、そしてウミガメの保護育成、目的を明確に打ち出しているのだ。

アクティビティ終了。午後2時にはホテルに帰投。ハワイの日差しは強い。
IMG_7254
せっかくのハワイ、やはり海縁を外しては語れない。
IMG_7248
穏やかな波
IMG_7231
やっぱビーサンは必須でしょ。
IMG_7240

そして今宵はPicnic Under the Stars 海辺の庭でポリネシアンショー。
IMG_7318
席はカップル席で・・・いいね。確かにピクニックな感じが出ている。
2105
昨日と同じようにカクテルパーティーから・・・これうち会社の大ボス・・・と奥様。
IMG_7271
ゲストには再びレイのプレゼント
IMG_7265

日が暮れていよいよ始まり
IMG_7309
なんと各テーブルにワインが1本・・・この時は何とも思わなかったが・・・後から考えると・・・飲み過ぎ。しかも見ての通り、グラスは4つ、そーなのだすでに白もたんまり飲んでいた。
IMG_7304
夫婦はほろ酔いを過ぎ・・・ショーの途中で部屋に退散・・・皆はまだまだこれから?
IMG_7358
しかし・・・ショーは後半がメインだったのだ。
2138
これは・・・見逃したのは残念・・・。
2153
といいながら・・・その後・・も・・・夫婦は部屋で飲み続けたのであった・・・
IMG_7648

フェアモント・ケア・ラニ マウイ 滞在記①

IMG_7216
あこがれのハワイの休日。申し訳ないほど贅沢だー(誰に?)。ホテルの周りを軽く散策して帰るとWelcome Reception & Dinnerってことで
1002
さりげなくハワイアン・・・わざとらしいか・・・
1006
まずはカクテルで・・・でも奥様は結構酔ってしまうのだ
1029
夕景の中、ディナーが始まる。
1081
偉い人のスピーチもなくてやんわり、いい感じ。初めまして・・・そしてワイワイ
1078
おっとプロのカメラマン。後できれいな写真をたくさんいただいた。実は上下の3つはこのカメラマンが撮ってくれた。
IMG_7153
ごちそうの写真を忘れてしまった。この魚はなんだろう・・・?
1061
ディナーはまだまだ続くのであった。地球の裏側から来た人もいるのにみんな元気。
1084

harumao_papa_mama ハワイ マウイ島でリゾート フェアモント・ケア・ラニ

IMG_7124
マウイ島のリゾートホテル Fairmont  KEA LANI 滞在中。
IMG_7218
いいですねー。何でこんなリッチなことに・・・・しかも子供はババに預けて夫婦水入らず・・・・。実は会社のご褒美。4泊5日マウイリゾートの旅、世界中から44組ご招待。・・・・なんかのくじに当たったみたい。

成田を発って約7時間オアフ島上空、パールハーバーを越え、ホノルル空港に到着
IMG_7058IMG_7065
ドメステイック・ラインに乗り換え約30分。マウイ島に到着
IMG_7105
さらにホテルのバスで約1時間。ようやくホテルに到着。フェアモント・ケア・ラニ マウイ
IMG_7111
でかいホテル。430室あるそーな。
IMG_7114
ホテルのビーチ、ワイキキと違ってゆーったりのんびり。
IMG_7122
いいねー・・・マウイ、人が少ないのがいいなー。
IMG_7121
ビーチ横からホテル全景。このビーチ沿いの遊歩道ワイレア・ビーチ・パスが最高。隣のフォーシーズンやグランド・ワイレアにつながっていてリゾート感満喫。
IMG_7136
さてさて部屋は3Fでオーシャンビュー?だけれども・・・・ホテルのバックヤードな感じ・・・隣は工事中・・・・いまひとつ。
IMG_7082
IMG_7080IMG_7081
部屋の中はベットルームとリビング、広々・・・家にもこんな部屋があったなら・・・。宝くじが必要だ。バスルームは大きなバスタブ付きでなかなかいい感じ
IMG_7173IMG_7172
IMG_7085IMG_7086
テレビはベットルームとリビングに2台。絵が6枚も飾ってあってリッチです。
IMG_7093IMG_7092
このホテルのアメニティはLe Labo NY発で原宿にも出店しているらしい・・・見た目地味だね。柔らかい香りで男性でも違和感なしかも。ちなみに隣のホテルはL’OCCITANE
IMG_7676
しかし、のっけからクレーム。荷物が届かない・・・親切係りのおばさんと探して自分で見つけた。シャワーのノブが壊れて外れてしまうし・・・せっかくの高級リゾートがもったいない。・・・・でもお金出してないし、まっ・・・いいか。
IMG_7112IMG_7171

日光へおでかけ ナイスビューのお蕎麦屋さん

大室ダム湖畔の蕎麦屋さん。蕎麦・甘味 草允(そういん)わらび野 で洒落たおそばを食す。
IMG_6881
もう少し暖かくなった5月の新緑のころはたぶん最高のロケーション。
IMG_6871
落ち着いた雰囲気は大人向き。子連れで入店するにはすこーし躊躇する。・・・蕎麦屋はどこもそーかもしれないが・・・。
IMG_6876
外は少し肌寒い・・・・と思ったら・・・土間にはストーブが・・・いいね、暖かい。
IMG_6874
テーブル席が2席、あとは湖に面したカウンター席。湖水と緑を眺めて食す蕎麦はきっと非日常。常連になる気持ちがわかる。
IMG_6877
店内にはさりげなく花、落ち着きの中におしゃれな華やかさ・・・・うちの娘たちは五月蠅い。
IMG_6880
メニューは・・・。限定30食のサービスセットを注文¥1250。卵焼きは2個だが写真を撮る前に上の娘に食べられてしまった。自然な味わい?
IMG_6882
蕎麦は上品な感じ。つゆは甘口。
IMG_6885
美しい蕎麦・・・もう少しそばの香りがほしい・・・時期の問題かね?
IMG_6884
蕎麦湯には岩のりが付いてくる・・・いいね
IMG_6887
そしてデザート。甘味処なのであんみつ、写真は食べかけ
IMG_6889

お腹はパンパン。ごちそう様でした。
雰囲気、客層からするともっと美味しい蕎麦が頂けるのかもしれない。でも今日はそれほどではなかった。新蕎麦の季節にまたきてみたい。

日光おかき工房で せんべいを焼く

日光にお出かけ、帰りに日光おかき工房に寄り道。ここは大きなおかきの工場に併設された直売所
IMG_6973IMG_6975

せんべいやおかきがいっぱい。試食もいっぱい。名水も飲み放題。とてもにぎわっている。
IMG_6917IMG_6921
大きい工場で4階建て。2階の工場見学もできるらしい。これは1階のおかき
IMG_6920IMG_6918
何やらせんべい焼き体験ができるらしい。子供たちは乗り気、ババが焼いてないせんべいを買ってきた(購入と同時に体験の受付、順番が来たら呼ばれるシステム)。30分ほど待ち。中は・・・暑い・・・IMG_6926
三組のお客が順番に入る。講師のおばさんの指示通りに、片面10秒焼いてひっくり返しを繰り返す。
IMG_6933
少しぷくっとして来たら一回目の焼きは終わり。ここまで2分もかからない。
IMG_6938
絵づけ、みんな何を描いているのか?下の娘
IMG_6945
おかあさん
IMG_6951
上の娘
IMG_6947
サンプルだとあんパンとか・・・キャラクターなのだけど・・・なんだろうこれは?
IMG_6955IMG_6954
IMG_6953
2回目の焼き、10秒ごとに裏返す。焦げすないように・・・1分位?
IMG_6957IMG_6959

次は味付け、裏面にしょうゆたれを塗る。塗りすぎると乾きにくい。
IMG_6969
最後に乾燥焼き、遠火で1分位で完成。袋に入れると立派なせんべいの完成。
IMG_6972
この体験工房の中で揚げたておかきも作っていた。左下の丸いケースに入っているのが原料のお餅。
IMG_6965
これを油で揚げると4倍くらい?に膨れる。美味しいおかきが出来上がる。あとは味付けし完成。・・・ここではこのおかきを揚げたて販売をしている。アツアツのサクサクがとても美味。一度食べると病み付きになってしまう、止まらない。ビールにも最高そう。ここで一番お薦めおかき。原料を入れた容器と同じ量で¥500IMG_6964

















諸橋美術館 ダリ展

NCM_0102













唯一、美術館の中で、写真OKだった作品です。
珍しいですよね?

目の部分は、近づいてみると、湖畔の風景画です。

鼻の穴には薪らしきもんが入ってました。

桧原湖でカヤックと諸橋美術館で目の保養(驚きか?)

裏磐梯・桧原湖でカヤックで自然を感じ、諸橋美術館で文化活動?。充実の2012夏休みの一日・・・。

中禅寺湖でキャンプの予定だったがずっと天候が悪く(天気が読めず)中止。・・・旅の途中、桧原湖でカヤック。
IMG_3098
エントリーは湖西岸の牧場キャンプ場付近から。ここには公衆トイレと大きな公共駐車場が有って便利、牧場キャンプ場の利用もありかも。
IMG_3099

エアフレーム2をくみ上げ準備完了、いよいよ出廷。先ずは磐梯山ヴューポイントへ。
IMG_3100IMG_3101
どーん・・・磐梯山。写真的には青空が欲しかった。
IMG_3126
BASSERがたくさんおいでです。ボートもフローターも多種多様、さすが、スモールの聖地。奥の方に遠く見えるのは鉄山?
IMG_3105IMG_3113

湖の奥、湖北側に向かうも、広すぎ・・・・日差しも強かったので引き返し日陰を探す。
IMG_3121IMG_3140
おーい何か釣れる?・・・。遊覧船や大型バスボートが通るとうねりが襲ってくるぞ
IMG_3119IMG_3128
磐梯山の噴火のすさまじさが実感できる風景、こんな大石が飛んできたのか?・・・でも良い眺め
IMG_3142
ところでバックボーン装着の調子は良いが直進性がいまひとつ・・・何故か・・・船底を確認すると・・・あらまあフロアシートが真ん中にはまっていない様子、次回から気をつけよう。
IMG_3146

桧原湖の帰り、奇麗な美術館、諸橋美術館へ、文化活動。
IMG_3148
エントランスからよく整備されて、景観にマッチしている。美術館の手前を流れる小川は水量も多く、涼しげ、ギンヤンマが飛び交っていた。
IMG_3186IMG_3178
素晴らしいのはこの眺め、美術館入り口から望む磐梯山
IMG_3152
ここの庭はまさに絶景、収蔵美術品は勿論だが、この景観も美術品?
IMG_3168

ところで肝心の収蔵品はダリを中心にコレクションしている。絵画、彫刻とも国内最多、・・・刺激的美術か。他にシャガール、ルノアール、ユトリロ等印象派のコレクションも多数。学生は入館無料、大人は¥950、とてもリーズナブル。

大人も気分は世界一周、東武ワールドスクエアと田舎そば

東武ワールドスクエア、子供たちにはとても良い施設。・・・大人も気分は世界一周・・・できれば行ってみたいと心を掻き立てられる。良くできていて感心感心。

入り口では仕掛け時計がお出迎え、20分おきに開いてくれるので効率的?先ずはスカイツリーがお出迎え
IMG_2830IMG_2840
東京駅も良くできてます。帝国ホテルはすごかったんだね・・。
IMG_2842IMG_2843
羽田におされぎみの成田。おっと東京タワーはレガシータイプ。
IMG_2847IMG_2848
どこの港か?豪華客船と消防船、本物みたい。放水もしている
IMG_2854IMG_2859
大人もビックリ勉強になるのが並列閘門(へいれつ・こうもん)。運河の仕組みもよくわかる。(園内販売のプリカでデモを操作できる(スタートだけだけど)・・誰かが動かしてくれればラッキー、でも子供は自分で試してみたい。)
IMG_2863IMG_2864IMG_2865
なんともすごい景色。
IMG_2868
ブロードウエイのダンサーもエジプトのミイラも見れる。
IMG_2871IMG_2881
コロッセオ、パルテノン神殿、聖ヴァシリー寺院、観光客までいるので上手く写真を撮れば行ったつもり。
IMG_2883IMG_2884IMG_2887
行ってみたいなサン・ピエトロ大聖堂。「天使と悪魔」が浮かんでしまう。確かにここならヘリで飛びたてる。バックのエッフェル塔と鬼怒川の山々が何ともいえず・・・。
IMG_2890
メルヘンな?ノイシュバイン・シュタイン城。ミラノ大聖堂、小塔群も忠実に再現してる。
IMG_2892IMG_2903
おっと圧巻、世界のタワー?でも上海タワーやCNタワーもあればいいのに。火事ではないよ水霧だよ。
IMG_2904
クライスラーにエンパイヤ・・・そして今はなき世界貿易センタービルが・・・IMG_2906
模型でもすごいベルサイユ
IMG_2907IMG_2909
・・・夕暮れにまどろみながら聞きたい「アルハンブラの思い出」、赤く涼しい不思議なイメージ。
IMG_2911
サグラダ・ファミリアもウエスト・ミンスターも外せない、おっとヘンリー王子の結婚式?カミラさん?みたいな人もたっている。
IMG_2927IMG_2930
タワーブリッジって開閉するんだ・・・。ドーバー城ってしってる??。やっぱりビックベンでしょ。・・・そういえばバッキンガム宮殿の写真が無いな・・確か衛兵が行進していたなぁ。
IMG_2925IMG_2928IMG_2933
名前が出てこないスマジット・イ・シャーと教科書常連タージ・マハル。イマーム広場も欲しかったな~。
IMG_2934IMG_2937
アンコールワットの向こうには万里の長城が・・・。故宮もでかいね。莫高窟もみえる。それにしても精巧にできてるなー。
IMG_2936IMG_2938
万里の長城・・・よーく見ると4人の旅人が・・・誰だ?
IMG_2945
勿論、日本の遺産もたくさんあるよ。薬師寺、法隆寺、二条城・・・その他・・・
IMG_2947IMG_2948IMG_2952
やっぱり金閣。参観してみたい日本建築の粋、桂離宮。模型でも感心させられる清水寺
IMG_2954IMG_2955
何故か何度もいった大仏殿と一度も行ってない厳島神社。行かねばね
IMG_2957IMG_2958
姫路城とただの田舎、どちらも日本の風情が良く出ている。
IMG_2959IMG_2963
住むなら、建てるならこんな家は憧れる、グラバー邸。巨大なバラ?あったかな?
IMG_2965

さてさて、栃木は蕎麦が美味い、特に日光、今市にはたくさんの蕎麦屋さんがある。中でもおばちゃん蕎麦?の草分け小百田舎そば。なんとも見た目は???なのだが蕎麦の香りが立っていかにも田舎そば、うるさい職人が作る蕎麦とは違い、でれーっとおいしく頂けます。
IMG_2994IMG_2996
てんぷらも、蕎麦つゆもおばあちゃん風・・・・食す価値あはありありです。
IMG_2998IMG_2999

・・・・小百と言えばイザベラ・バートの日本奥地紀行に登場する地名、快適な金谷邸からいよいよ東日本の奥地に分入る彼女の気持ちと同化できるような錯覚を覚える・・・そんな風情が印象的。

オレゴン土産


IMG_8077

Willow Tree の三体

左: with Love

中央: Together

右:Thinking of you

中央のTogetherは、地震の際破損してしまいましたが、我が家に復活しました!IMG_8067

PINOT NOIR
LANGE
2009









IMG_8066

2008










IMG_8068
CLOUDLINE
2008









Harumao papaのオレゴン出張は丁度お盆時期の1週間。エアーがとっても高くて
家族は一緒について行くことはできませんでした
家族はmama実家で夏休みでした



記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール

ちいさん