自作

分割できるハンモックスタンドを自作

IMG_6337
5月の連休に向けキャンプの準備中、しかしキャンプ場はすんごい混み様、予約が取れない。4月からでも予約が取れる新潟のキャンプ場を狙ったが、一、二番に行きたかったキャンプ場の予約電話は開始の8:30から全くつながらず、やっとつながった11:00にはすでに予約でいっぱいだった・・・なんなの~~って感じ。そして予約したのは日本海のカニが美味しいらしいキャンプ場。・・・だが、そのキャンプ場、ハンモックをかけられる木が無いような・・・。でハンモックスタンド2号を作ることにした。で、どうせ作るなら運搬が楽な分割収納にすることに決めた。ハンモックハンガー1号の制作はこちら
IMG_6194
材料はレッドシダー38mm×38mm×186cm・2本、アルミ角パイプ2mm厚・40mm×40mm×100cm(ホームセンターで半分に切ってもらい50cm)。いずれも購入はジョイフル本田。
IMG_6196
レッドシダーは軽くてまっすぐ丈夫。これは最初に作ったハンモックスタンドで実証済み。アルミ角パイプは前回使わなかったが、今回はセパレートタイプを目指すのでキーパーツ。
IMG_6195
それに加え銅板0.5mm厚10cm×20cmを一枚。これはハンモックスタンド1号の脚の先端保護に使って効果絶大だったので今回も装着を目指す。
IMG_6200
普通のハンモックスタンドならば簡単にできてしまう。脚先端を切って、アイボルトの穴をあければ終了、1時間もかからない。しかし目指すは分割収納できて運びやすい物。要点はアルミ角パイプ、これでセパレートした足を接続、保持するのだ。40mm×40mm角パイプの内寸は36mm×36mm。つまり木材を各面1mm削らないと入らない。
IMG_6206
取り合えずは約半分にレッドシダーを切ってしまう。接続強度を考慮したつもりで斜めに切ってみたが、まっすぐのほうが強いようだ。
IMG_6210
さーこれからが本番。匠であればかんなでシューっと削っていくのだろうか・・・それとものこぎりで薄く切っていくのか・・・。私は素人なのでらくちんに各面を丸ノコで薄く削り切するか考えた・・・が、使ったのはサンダーとオービタルサンダー。
IMG_6215
40番の丸やすりで大まかに削るのだが、これが難しい。削るべきところを鉛筆で塗り、目印にする、対面を交互に削っていく。しかしサンダーでは一定の厚さに削っていくのは大変で安定しない・・・がまん、がまん。その後オービタルサンダーで全体を調整。
IMG_6238
やはり丸鋸で1mm削ったほうが良かったか・・・と思いながらも地道に削っていく。サンダーを使うと木屑が細かくて大変だー。
IMG_6236
角パイプにはめてみるが、入らない・・・目印をつけてアタリをつけて・・・また削る・・・また入れての繰り返し、少しづつはまっていく。
IMG_6214
この作業を4本分・・・あーしんどい。
IMG_6231
ベース(下になる脚)側はキツメでよいのでパイプを叩いてレッドシダーにはめていく・・・とはいってもある程度ちゃんと削れていないと入っていかないし、一度入れてしまったらパイプと木は外れない。・・・ので注意。その場合、あたっているところを削りながら入れ込むしかない。
IMG_6223
なんやかんやで約2時間も費やしてしまった。しかも木屑(粉)で体は真っ白、周囲も木屑がいっぱい。とても室内ではできない作業。
IMG_6219
ちゃんとはまってる。下側はたたいて入れてるからもうバラせない。
IMG_6224
上側の脚は少し細めに削っていく。削りすぎるとガタガタになるが、削らなすぎだと着脱が難しい。強度も考えるとキツメが良いのか・・・??。この問いの答えは使っているうちにわかるだろう。
IMG_6222
ここまでくればあとは楽ちん。30℃の角度で足の先端をそろえる。・・・と、その前に2本の脚を接続した状態で両脚の長さが同じになるように切りそろえる。そんなにずれてはいなかったが、アルミパイプの位置を合うようにして調整。
IMG_6248
ハンモックスタンド1号と比べる。くみ上げると同じ長さ、分割すると半分よりちょっと長い6割くらい?
IMG_6246
アイボルトの穴あけ、最初に細いドリルでちゃんとまっすぐ穴あけ。その後10mmドリルで穴開け
IMG_6249
蛇足かもしれないが、下側の脚がずれないように木ネジで固定。
IMG_6252
ウレタン透明ニスを塗る。1回目
IMG_6254
ニス塗は2回。その間に先端のガードを作る。今回は大き目カバーを目指した。5cm×13cmに万能ハサミでジョキジョキ
IMG_6256
平タガネで曲げる部分をトントン。曲げる部分は5mm位置。折り曲げは6cm:7cm
IMG_6257
しかし平タガネで曲がる部分を叩いていたのは良くなかった。ちょっと整形しようと思い逆に曲げたら・・・あれー真っ二つに切れてしまった。
IMG_6261
仕方なく残った5cm×10cmで二本の脚のガードを作る。結局、前回と一緒で5cm×10cm、曲げシロ5mm。5cm(真ん中で折り曲げ)、約30度分残るように真ん中に切り込み。
IMG_6258
曲げるのは、少々乱暴だが5mⅿの曲げシロをアンビルに挟んで金づちでたたいてグニャ。(平タガネは使わない
IMG_6259
あっという間に先端補強パーツ出来上がり
IMG_6263
ハンモックスタンドの装着。先ずは何方の面でも良いので固定。鉄くぎで穴をあける
IMG_6264
釘で開けた穴に同釘を打ち込む。銅釘はとにかく曲がりやすいので注意。ネイルポンチを使うと曲がらず打ち込み安い。
IMG_6266
そしてネイルポンチはここでも活躍。銅板を叩いて木に合わせて整形しながら、銅板の縁を叩いて木に埋め込んでいく(感じ)。この作業は重要。銅板のヘリが木から浮かないようにぴったり密着させるのだ。
IMG_6267
釘を打って補強完了
IMG_6268
・・・・だが、アイボルトを買うのを忘れていた・・・まぁここまでくれば・・・いやいやもうほとんど完成。

翌日、M10の100mm棒とM10のアイナット、を装着して立派なハンモックスタンドの出来上がり・・ジャーン。
IMG_6331
・・・あっ、ペグ買わなきゃ・・・。スノピノ40㎝かな?


MUSON ドライブレコーダ・NOTE3(中国製)の地デジ・ノイズ対策

IMG_3547
ムソン・ドライブレコーダNOTE3を取り付けた。このドラレコ¥6,290と激安なのに高画質、安定動作でとても良い。
NOTE3
Amazonの評価もすこぶる良い。私の評価も大変良かったのだが・・・やはり地デジへの干渉が存在する。都内の屋外ではそれほど問題ないが、地デジ電波が届きにくい山間部、屋内、県境などでは受信できない場合が極端に多くなった。
IMG_3554
上の写真は電波が弱い屋内駐車場でドラレコOFFの状態、左下のアンテナ強度表示が2つ。
IMG_3597
次の写真は同じ場所でドラレコON、アンテナは1つで明らかにドラレコの影響が確認できる。これは他のチャンネルでも同じでドラレコをONするとアンテナバーが1つ減ったり、全く受信できなくなる。
IMG_3565
そこで最もベタなノイズ対策、フェライトコアの装着。
IMG_3623
私のドラレコはUSB給電なので給電ケーブルの両側に装着、更にドラレコ出力側は2個挿入でループにした。これでドラレコONでもアンテナが2個立つようになった。しかし、これでも完全ではなく、チャンネルによっては感度が落ちるようだ。特に5ch以降のチャネルは安定しない。
IMG_3550
そこでやってしまったのは銅箔テープでドラレコをシールド。(LEDは意味がないので遠慮なくシールド内)
IMG_3548
本当は全体を囲わないと意味がないのだが、ディスプレイはさすがに覆い隠すことはできない。さて結果は以下の通り。
IMG_3557
ドラレコOFF
IMG_3561
ドラレコON
IMG_3590
対策後、ちゃんと2本アンテナが立つようになった。
IMG_3608
結果としてUSB給電ケーブルの両端にフェライトコアの装着、ドラレコを銅箔テープでシールドすることによってドラレコのノイズ放射が減り(おそらく)、地デジの受信状況が改善することができた。実際、都内走行中の地デジはほぼフルセグ受信できている。

さて、シールドグランドの問題だが、はっきり言ってわからない。上の写真ではドラレコのシールドからUSBケーブルのガードに接触するようにセットしたが、効果は確認できなかった。本来、高周波が通らないヘロヘロケーブルでのシールドグランドでは意味がない。もっともDC的に安定させる意味はあるだろうが・・・地デジへのノイズ干渉では効果は期待できないだろう。
IMG_3627
・・・だが気分でグランドケーブルは上の写真のように作ってみた。・・・しかしこれがアンテナになってノイズを振りまく可能性も高い。なので装着は様子を見ながらになるだろう。・・・うーん、やっぱり意味はない。

ところでこのドラレコにはHDMIとUSBポートが付いているが、ここからノイズが放射される可能性もあるので使わないのであればシールドしてしまったほうがよい。またUSBケーブルも注意が必要、安いケーブルは差動信号のイントラペアスキューが合わずノイズを放射する場合がある。

電波は難しい。目に見えないからねー。その日の天候、時間など周囲環境の変化で受信状態は変わってしまう。客観的な効果を見極める為には電波暗室環境下で基準信号発生器やちゃんとしたアンテナ、スペアナ、地デジ測定器などがないと難しい。さらには地デジチューナー、車種、地デジアンテナの張り方など数え上げればきりがない。実使用環境での客観的な比較評価は絶望的と言っていいと思う。なので地デジが映る映らないの話はややこしく、口コミなどは十分に統計的に判断しないとあてにならない。

IMG_3628
油性マジックで黒く塗ってみた
・・・今回のムソンのドラレコは明らかに地デジ受信に影響を与えていたことは間違いなく、ちょっとした対策で受信状況を改善させることができることも分かった。で・・・・次もムソンで良いか・・・地デジ対策済みの高級品か・・・比べてみたい。






ハンモックスタンド(ハンガー)を自作。 ご機嫌なキャンプ?

WILD-1に椅子を買いに行ったのだが、ぶら下がっているハンモックを見た子供たちは、こっちが欲しいと言い出した。・・・確かにいいねー・・・そういえば・・・前回中禅寺湖でキャンプしていたとき、お隣さんが立派なハンモックをつかっていたなー。おやじはすぐにその提案に乗ってしまった。片方は木にぶら下げ、もう片方は何やら丈夫そうな木製の何かにつないでいた。あれはなんだったのか?調べたところハンモック・スタンドまたはハンガーと言うらしい。買うと1万円くらい?・・・・うーん高い。結構自作している人も多い・・・・・ってことで皆様を参考に作ってみた。
IMG_9775
ハンモックは在庫一掃セールで約半額。パラシュート素材で荷重160kg。カナビラ荷重200kg2個、6mmロープ2本付き(写真の緑色ロープ、アイボルト・ナットは違うよ)
IMG_9578
ハンモック・スタンド材料
レッドシダー 38×38×1820 2本
ステンレス・アイナット M8 荷重80kg 1個 (推奨M10以上)
ステンレス・アイボルト(130mm) M8 荷重80kg 1個(推奨M10以上)
ステンレス平ワッシャー M8 3個
ステンレス・フック カナビラ 荷重50kg 1個 (開脚防止用)
ステンレス・溶接リング 荷重20kg 1個 (開脚防止用)
ステンレス・アイストラップ 荷重20kg 2個 (開脚防止用)
固定用機材
6mmロープ×5m 2本 
ソリッドステーク 40cm 2個
IMG_9584
作るのはいたって簡単。レッドシダーの端から15cm位置に穴あけ(8mm)、反対側を約10cmから30度の角度でバッサリ。結局、ハンガーの長さは@1720mmとなった。
IMG_9574
アイボルトとアイナットを装着。下の写真はアイナット、こちら側はしっかり固定できていて丈夫そうなのでハンモックのフックをかける側にした。
IMG_9571
反対側はアイボルト、この長さが重要。こっちはナットが入らないので少ぐらつく・・・弱そう・・なので。こちらにはテンションがかかからないようにペグダウンする側にした。
IMG_9570
ところでこのアイナット長さが130mmもあって38×38材では長すぎ。なので30mmカット。100mmアイナットを使えば標準添付のナットと合わせちょうど良い長さ。
IMG_9569
このトンガリは重要、実際使うときによくわかる。30度が見た目も効果もありそう。やすりをかけて出来上がり。IMG_9572
じゃーん・・・1時間もかからず出来上がり。
IMG_9577
ハンモック・スタンドと張り綱は接続は固定しない、2本の支柱にできるだけ力を分散したい。ナット止めしていない方のアイをペグダウン側にする。アイにロープを直結せず通すだけなのでアイに大きなテンションはかからない予定
IMG_9576
うーんなんかささくれが気になる・・・・透明ニスを塗って様子見・・・美しい?薄く重ね塗りしていくともっとテカテカでかっこいい。
IMG_9581
塗りを重ねて3日目、乾燥させてアイストラップを取り付けた。これは開脚しすぎないように付けてみた。
IMG_9644
ハンモックは最高の気分。子供は大喜び、大人もワクワク気持ちいい。こんな感覚は普段味わえない。これは絶対お薦め。
IMG_9918

IMG_9777
ハンモックに包まれて見る空はどこか懐かしく気持ちいい。


自作にあたって。
どんなに簡単でも、何を買ったらよいか悩んでしまう。また買いに行くホームセンターによっても変わるのでお店選びは重要。今回はジョイフル本田、Wild-1、カンセキで購入。
①支柱材
マツ、スギ、2×4材、集成材などいろいろある。2×4を半分で使うか、集成材の38×38を使うのが最も安いのだが、見た目と軽さでレッドシダーを選んだ。比較的加工がしやすいが、柔らかくすぐにへこんだり傷が付きやすいので塗装はした方が無難。
②アイ・ボルト
結構悩む。いったい何センチあればいいのか?荷重は等々・・・・。当初の理想はアイの根元までネジが切ってある物を探していた。2つのアイをきっちりナットで固定したかったのだが、そんなアイボルトはジョイフル本田にはなかった。アイボルトにはネジを切っていない部分があり、どー見ても両側からのナット〆はできない。確かに、自作している他の方のサイトを見ても同じようたった。仕方なく両側ナット締めはあきらめた。アイボルト側のアイにはテンションがかからないようなセッティングにすることにした。荷重も気になるところ、径M12mmを使えば荷重220kgで何の問題もないしボルトの長さも100mmで支柱材38mm×38mm角材を使うならちょうど良い。しかしでかくてかっこよくない。10Mを探したがちょうど良いボルト長がなかった。結局、荷重80Kg M8、130mmのステンレス・アイボルトを買った。やはり130mmは長すぎで30mmカットして使う羽目になってしまった。
重要:使用後、アイボルトを外してみたところ、曲がっていた。M8では耐えられないようだ、やはりM10が最低仕様。
③張り綱
ハンモックにも黒6mm、2mのロープが2本ついてきたが、長さも足りないし色もね・・・でWild-1でロープを購入、径6mm×5m。これは正解。木に巻きつけるにしても張り綱に使うにしても心配なし。まっ、4mでも十分OKだと思う。またロープの特性上、伸縮性があるので張るときには配慮が必要。
④ペグ
アイボルトのでかい物でペグダウンする方もいるが、ここは迷わずスノピのソリッドステーク。30か40か悩むがタープにも使えるので40にした。やはり安心感が違う。
⑤支柱の開脚防止
これは必要か・・・・?使った感じではあった方が良い。支柱がぐっさり地面に食い込めば問題ないが、刺さる前だとじわじわ脚が開いてしまう。

IMG_9997
使用後、全体的にはあまり問題なくかっこよくもできたので満足だった。が、使ったキャンプ場の地面が砂利敷きだったこともあり支柱の先端がボロボロになってしまった。木材質を変えるか?でも高いし・・・先っちょにアルミのアングルでも装着しようかと考えている。また、途中にも書き込んだがアイボルトはM10以上が必須。M8は曲がってしまう。

その後
ボロボロになった支柱先端の修復と補強をした。100mm×50mm×0.5mmの銅版を支柱先端形状にあわせ・・・・叩いて整形。
IMG_1230
鋲も銅素材13mm銅釘。・・・こーゆうところに雑な性格が出てしまう・・・・。
IMG_1238IMG_1234
かなりラフに作っても、それなりに納得の出来上がり・・・・銅版は加工しやすい。これで支柱先端がかっこよく?補強された。
IMG_1232
銅板補強の工程はこちらからリンク

2017年7月追記
ハンモックスタンドに銅板補強は必須。かれこれ約4年使い込んでいるが、程よい感じで年を重ねている。
IMG_6711
補強のあるなしでハンモックスタンドの耐久性もはもちろん、愛着も変わるような気がする。これから緑色に変色していく様子も楽しみだなぁ~
IMG_6703

2019年追記 分割できるハンモックスタンドを自作
持ち運びを考えると150cm以上の棒はやっぱり邪魔だ。セパレート式ハンモックスタンドをついに作ってしまった。
IMG_6337
はっきり言って買ったほうが良いかもしれない。経費6,900(ソリステ40・2本込み)・・・手間賃は1日仕事。
IMG_6331
分割できるハンモックスタンド制作はこちら

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール

ちいさん